骨格の作りによって見た目の形状は変わります。

もちろん筋肉や姿勢や歪み、ねじれ等の要素で変わってきますが、骨格によって負担がかかりやすい場所が変わってくるので、それを知っておくと予防や、セルフケアを効率的に行う事が出来て、痛める確率を減らしたり、次の日の疲れが減らせたりという確率を上げる事が出来ると当院は考えます。

今日はその中で肘から手首にかけてのお話です。

腱鞘炎でお悩みの方なんかは特にお役に立てるかと思います。

腱鞘炎ってなあに?

腱鞘炎とは、腱を覆う腱鞘という部分の炎症です。まんまですね。

というわけで左のイラストをご覧ください。

筋肉が骨にくっつく部分に腱と書いて書いてあります。

いわゆる「スジ」と皆さんが呼んでいる部分です

そこの周りにを覆っている部分を腱鞘と言い、

腱鞘炎はそこの炎症を指します。

ちなみに、一番多い親指はドケルバン病といい、

こんな感じ↓

母指(親指)を広げると手首(手関節)の母指側の部分に腱が張って皮下に2本の線が浮かび上がります。ドケルバン病はその母指側の線である短母指伸筋腱と長母指外転筋が手首の背側にある手背第一コンパートメントを通るところに生じる腱鞘炎です。

(日本整形外科学会のサイトより引用)

腱鞘炎になる筋肉は、どこからどこにつくの?

特にやられやすい親指の筋肉は、

・短母指伸筋

・長母指外転筋

です。イラスト参照です。

この図は院内にありますので、気になる人はお気軽にお声掛けください。

一口に指の筋肉、親指の筋肉と言っても、指だけではなくで、腕から出ているのが何となくイメージ出来たらよいです。

・腕から出てる筋肉が、指についている

・その筋肉を覆ってる部分が腱鞘

・そこがこすれて起きるのが腱鞘炎

まとめるとこんな感じです。

腱鞘炎を起こしやすい(前腕に負担がかかる)肘

少し外側に沿っている肘は

負担がかかりやすいです。

手を着いたときに、肘の内側に負担がかかりやすく、また、肘を支点にして腕、手を使えてしまうので、肘から下の負担が増えがちです。

比較的女性に多い形状ですが、男性でも見るケースが最近当院では多いです。

ちゃんと数の統計とってないので印象値になってしまいます・・・

余談:肩に負担がかかりやすい肘

そりが少ない分、肩に力が抜けて行くので肩の方にダメージが行きやすいです。

なので、別にこの形だからダメとかじゃなくて、こういう形だから、どこが負担がかかるとか、疲れやすいとかの指標に使って、そこをしっかりケアしてあげればよいのです。

ストレッチの方法は、こう!①伸筋(指、手首を反る筋肉)

台に両手をついて、体重をかけます。

手の甲をつける感じです。

痛くないくらいの刺激が目安ですが、かなり筋肉が硬い人はそれでも痛い場合もあります。

その場合は、その②(下にのせます)から先にやって下さい。

それでも痛い場合は別のやり方を載せます。

ストレッチの方法は、こう!②屈筋(指、手首を曲げる筋肉)

台に手のひらをつけて、体重をかけます。

痛くないくらいの刺激が目安です。

それでも痛い場合は、↑の方法を先にやって下さい。

それでも痛いこともあるでしょう。

その場合の方法は↓にのせます。

ストレッチの方法は、こう!③屈筋片方づつ

手のひら側の指を、反対側の手でもって、伸ばしていきます。

←こう!

ストレッチのやり方は、こう!④片方づつ伸筋

手の甲を下に向けて、反対側の手で

引っ張り、手の甲側についている筋肉を伸ばしていきます。

←こう!

親指の伸ばし方は、こう!

まとめ

・反っている肘の方が、肘から手にかけて負担がかかるので腱鞘炎になりやすい

・肘から下の筋肉が疲れやすいのでストレッチなどのケアを重点的に

投稿者プロフィール

院長
院長けやきの森整骨院 代表
けやきの森整骨院院長。
柔道整復師歴10年ちょい(国家資格)
身体に役立つ情報と、整骨院の本来のルールを発信し、間違った利用(肩こりで健康保険など)をなくし、筋肉、骨の専門家として整骨院が信頼されるよう取り組んでいる。
2017年ズボン3本破壊、チャック一回破壊(不可抗力)。
元読書家で歴史小説に目がない人。
少年・青年漫画限定で意味不明に詳しい。
同名の整骨院の活動には関与していません