ここ数年でちょいと体重が増してきたので痩せます!

痩せます!!

大事なことなので2回(ry

 

世の中には色んなダイエットが蔓延っています。

運動、食事制限、痩せる薬・サプリメント(謎)などなど

最終的には自分に合った方法が一番だと思いますが、

個人的には運動が一番良いと思ってます。

食事制限は食べ飲み大好き人間には向きません。

食べたり飲んだりする為に痩せると言っても過言じゃないです。

そんな僕ですが、自分なりの痩せ方のコツというものを

持っているので、根拠を含めて解説していきます~

 

自己流痩せる3つのコツ(ムリヤリ3つに収めただけ!)

①効率の良い運動の仕方

②燃費の悪い筋肉

③食事に関する一つの注意

 

①効率の良い運動の仕方

脂肪燃焼の効率が良いという意味合いの運動です。

結論から言うと

(酸性スポーツ→)酸フリースポーツ→酸性スポーツ

の順で運動するととても効率が良いです。

※最初の有酸素は省いても一応可。

・有酸素運動(ランニング等)

・無酸素運動(マシントレーニング等)

 

 

 

 

 

脂肪燃焼はエネルギーとして脂肪が必要になった時に行われます。

 

た・だ・し

 

 

脂肪の優先順位は低く(憎らしい※肉だけに)

糖分→脂肪

の順番でエネルギーとして使用されます。

 

 

で、

 

 

・有酸素運動(ランニング等)は脂肪を分解し燃焼し始めるまでがおおよそ「20分」

・無酸素(筋トレ等)はなんと「1分」

 

 

無酸素は筋肉に高負荷をかけて傷をつけるので

その修復の為に大量のエネルギーを消費します。

なので早い段階で脂肪もエネルギーにしてしまうのです。

 

 

Q.じゃあ無酸素だけで良くない?

 

 

A.無酸素だけではだめどす

 

 

無酸素はあくまで「脂肪燃焼が始まるまで」が早いだけであって

燃焼自体は有酸素運動の方が効果的です。

なので

①無酸素で脂肪を燃えやすい状態にして、

②有酸素で燃焼を促す

というのが効果的な運動の仕方となります。

(酸性スポーツ→)酸フリースポーツ→酸性スポーツ

(有酸素運動→)の部分は無酸素運動での

ケガ予防と準備体操的な意味合いで入れてるので

運動時間次第では外しても良いという意味です。

 

②燃費の悪い筋肉

動かすと多くのエネルギーを使う筋肉の事。

ダイエットでは使った方がいい筋肉ですな!

単純に大きい筋肉程エネルギーを使います。

上半身で言えば

 

・広背筋

・僧帽筋

 

 

 

 

 

 

 

 

 

※2枚ともM村画伯によるイラストです。うーん・・・60点!

下半身で言えば

・腸腰筋(大腰筋)

・大腿四頭筋

 

 

 

 

 

などなど

マシントレーニングにて

「○○筋にスゴイきてるねー」

とか言いながらやると良いです。

周りの人に冷たい目で見られるかもですね。

でも、筋肉を意識してト運動するのはすごく重要ですよ。

トレーニング3原理5原則内の「意識性の原則」

③食事に関する一つの注意

運動した後の身体は筋肉が傷ついて、尚且つエネルギーも不足しています。

ちゃんと栄養補給しないと疲労回復が正しく行われないので、

運動後に食事はしましょう。

 

 

た・だ・し(天丼)

 

食べ過ぎ厳禁!!

当然お腹が減った状態の食欲にまかせた食事をすると

エネルギー摂取超過でせっかく運動したのに意味がなくなってきます。

お味噌汁やヘルシーなスープと野菜を沢山食べてから、

その後にいつもより少ないご飯と主菜を食べる

などで、エネルギー超過を防ぎつつ食欲を満たせるかと思います。

 

 

 

以上が僕の痩せ方になります。 ナガクナッチャッタ・・・

痩せ方というのは人それぞれですが、

自分なりの目的や根拠のない方法を続けるのは

効果も出づらければ、モチベーションも維持出来ないので

痩せたいけど、どうやって痩せようかな?

と、思ってる人がいたら試してみてはいかがでしょうか?

プロポーションの方は当院の姿勢矯正等の手技で改善出来るので

是非とも当院までお越しくださいまし

矯正施術

 

では今回はこのへんで~

 

プロポーションの改善や効率の良い運動のやり方が知りたい方はコチラ

048-960-0648

「けやきの森整骨院・鍼灸院」

埼玉県草加市高砂1-3-22

サンマリオン1F