健康保険を使用した施術

整骨院の健康保険施術で取り扱える症状と施術内容の説明です。

骨折・脱臼・捻挫・挫傷・打撲

骨格模型の写真

人は身体のコンディションや、関節の柔軟性低下、背骨の歪みによって、思いがけない動作で身体を痛めてしまうことがあります。

「日常生活やスポーツなどで、捻ったり、伸ばしたり、打ったりして急に痛めた時」

「反復動作や長時間一部分に負担がかかる状態にあったりして痛めてしまった時。」

このような痛みが出始めた方は、お身体を診させて頂き、その症状に対して健康保険を使った施術を受けることが出来ます。

・詳しくは「コチラ」から。厚生労働省のHPです。

内容

当院の「施術方針」に則り、状態に合わせた施術を行います。

問診

問診をしている写真

症状に纏わる話を詳しく聞いて、現在の身体がどのような状態になっているのかを調べていきます。

検査

肩の徒手検査をしている写真

徒手検査によって、身体のどこを痛めてしまっているのかを特定していき、詳しく説明していきます。


包帯固定

足関節の包帯固定をしている写真

患部の固定・圧迫には包帯。

弾性包帯と綿包帯を使い分けて、

患部に巻いていきます。

手技

足関節をストレッチしている写真

疼痛の強い炎症が収まってきた頃合いに、手技にて患部への血流・可動域の改善を行います。


電療

干渉波の写真

当院では干渉波・温熱治療器により、患部の疼痛緩和・血流改善などを促します。

指導

姿勢の指導をする写真

早期回復や再発予防の為にセルフケアや負担のかからない姿勢や動きをお伝えします。


早期回復の為に・・・

健康保険が適用となる範囲は原則患部のみです。

疼痛緩和や早期回復には不良姿勢や血流不全などが障害になってきます。

当院では外傷の早期回復を目的とした患部外への施術や姿勢矯正を自費にて行っております。症状に合わせて問診時に説明させて頂いております。