EK療法

EK-6000の写真

EK療法とは

EK6000という、鉱石を練りこんだシールを経絡に沿って貼ることにより、回復力、自然治癒力を高める効果が期待できる施術法です。

2016年リオデジャネイロオリンピックに出場した

陸上女子100メートル、200メートルの日本記録保持者

「福島 千里」選手が使用し話題になりました。

当院ではEK療法の開発者の元で研修を行い、EK療法士の認定を受けた

施術者(院長)が施術に当たります。

EK療法を行ったときに期待される効果

関節の動きが良くなる

⇒皮膚の緊張が緩み、関節の動きの向上が期待できます

 

痛みが和らぐ

⇒鉱石が血流を促す作用をもつため、痛みが和らぐ効果が期待できます

 

いい姿勢がとりやすくなる

 

他の施術の効果を底上げする

⇒皮膚、筋肉の緊張が取れやすい状態を作れるので、他の施術と併用すると

 より効果的です。押す系の施術や、鍼、整体を受けてみたけどちょっと痛

 く感じる、という方はEK療法を併用した場合にかなりその感覚が変わる

 との声を頂いております。

 

EK療法+整体

EK療法+矯正

EK療法+テーピング

等がおすすめです

EK-6000使用前
EK-6000使用後

お受けになる方の注意事項

金属アレルギーの方は鉱石との相性で反応が出るケースが報告されています。術後すぐに外す、もしくは程度により施術が提供できないケースもありますので、金属アレルギーの方はお受けになる前にご相談ください

セルフケアにもEK6000