病院で異常が出ないのにイライラする、右肩が上がりにくい、目がかすむ場合の対処

右の肩が上がらない=イライラ系の症状で、肝臓が熱を持っているケースがあります。
・イライラする
・目がかすむ
・右肩があげにくい
・背中が張る
辺りの症状がある人は、肝臓に負担がかかっている症状の場合があります※肝臓の病気とかいう話ではありません。
肝実という状態を指します。
漢方医学では六臓のうち肝は五行思想で言う木を司る機能を指し、六腑で言えば胆、五官で言えば目、五体で言えば筋に相当するため肝の機能の亢進は(西欧医学で言う肝臓の機能障害とは異なる)抑さえてきた感情が爆発する、よく働きよく食べるなどがあらわれるとされる。
という状態です。
この状態だと肝臓が熱を持ち、やや膨張します。
膨張する際に、右の脇腹に向けて広がるために、右肩の動きに影響が出たり背中が張ります。
また、これを抑えるために水分を持っていかれるため、水分不足的な状態になります。
イライラ系の症状が出ている人は、水分が不足しがちになりますので、水分補給をしっかりしましょう。
また、右の脇腹を5分程度冷やすことも有効です。

投稿者プロフィール

院長
院長4F整骨院 院長
4F整骨院院長
柔道整復師歴10年ちょい(国家資格)
趣味:読書(宮城谷昌光、歴史小説全般)、スポーツ観戦(野球:見るのは20年来広島、見てる時だけ勝てば良い派、サッカー、他メジャースポーツは守備範囲)
ズボンをよく壊す
整骨院のちゃんとした利用と、皆様の役に立つ情報発信に努めます。
たまに雑記も書くよ
お電話はこちら
タイトルとURLをコピーしました