腰痛でお悩みの方の中には、病院で診てもらったけど、骨に異常がなしといわれて、湿布や痛み止めで様子を見るように

いわれる対応に不満を持たれる方もいるかと思います。

腰痛の85%が原因不明という説もあり、病院に行かなくてもいいんじゃない?という人もいます。

そのなかで、病院の処置や対応に対する誤解を解いてもらい、必要なときは病院にちゃんと検査に行ってもらいたいと思い

今日の記事を書くに至りました。

長くなってしまったので、目次を見ながら興味があるところだけつまみ読みしても結構ですが、結論部分は合わせて読んでいただければ幸いです。

腰痛は85%が原因不明というけども

ここにいい記事がありました。

以下引用。長いので要約でいい人は色が変わっているところはスクロールしてくださいませ。

85%もの腰痛が「原因不明」で「異常なし」である理由

  たとえば、ぎっくり腰で這うようにして病院に行き、レントゲンを撮り、さらにMRI検査まで行ったのに「どこも異常はありません」と診断されることがある。「まともに立って歩くこともできないのに、異常がない!? そんな馬鹿な!」と思うが、これは実によくある話だ。

医師の「異常なし」と患者の「異常なし」には乖離がある。この場合、医師の「異常なし」は決して「どこも悪いところはない」という意味ではない。医師が考える一刻を争う重篤な病気や、レントゲンなどに映る骨の異常などはないというだけに過ぎない。

患者は医師に「黙って座ればピタリと(悪いところを)当てる」ことを期待する。少なくともレントゲンやMRIなどを撮れば、どこが痛みの原因なのか、見つけられるはずだと考える。最適な治療法は必ず1つしかないはずだと思っている。

しかし、それは患者の幻想だ。医師は最初に鑑別診断を行う。患者が一番に訴える症状を聞いて、その症状から考えうる疾患リストを頭の中に思い浮かべる。腰痛の原因となる疾患は実にいろいろある。尿路結石やすい臓炎などの内臓の病気、腹部大動脈瘤など血管の病気、化膿性脊椎炎や結核性脊椎炎などの背骨の病気、そして、もちろん椎間板ヘルニアや腰部脊柱管狭窄症などの整形外科的疾患まで、そのリストは膨大だ。

腰痛を引き起こす疾患リストの中のいずれなのかを絞り込んでいくことになるのだが、医師はそこで除外診断を行う。除外診断とは、がんなどの一刻を争う病気や手当をしないと危険な骨折など、より重篤で治療を急ぐ病気の可能性をひとつひとつ確かめて除外していく診断だ。この除外診断のために、レントゲンなどを撮るのだ。

そして、一通り考えられる重篤な疾患の可能性を排除できたとき、医師はほっとした思いと共に「異常はありません」と言う。しかし患者は、痛いのに「異常がない」はずがないと思うから、医師に不信感を抱くし、医者は役に立たないと感じる。処方された鎮痛剤をごまかしだとすら思ってしまう。

痛いのに「異常がない」状態とは、いったいどんな状態なのか? たとえば、ぎっくり腰はおおむね「腰の捻挫」である。捻挫とは、関節に無理な力がかかって可動範囲を超える動きをしたことにより、骨と骨がずれはしなかったものの、関節の周囲の靭帯が伸びるなどして内出血や炎症を起こした状態。骨に異常はないし、靭帯が切れたわけでもないので、レントゲンには異常が映らない。従って、医師は原因をおおよそ推測はしているが、どこの部分がどう損傷しているかはっきりとは特定できない。この場合、このぎっくり腰は、腰痛の85%である原因が特定できない「非特異的腰痛」と診断される。

しかし、捻挫はしばらくすれば、おおむね自然に治る。痛みが3か月以内に治まれば急性腰痛。ところが3カ月過ぎても痛い、それどころか何年も痛いことがしばしばある。非特異的腰痛の慢性腰痛だ。

結構長いので要約します。
医師の診断順序として、自覚症状から疾患を想像し、ひとつづつ可能性を除外していく、
優先順位は手術>投薬>整復、固定術>それらを必要としない症状
となり、それらを必要としない症状についてはシップ、投薬で経過を見る。
悪化してきていたらまた可能性を検討する、という感じです。

この対応に不満のある方も多いと思います。

痛いのに検査して湿布出して・・・と。

しかし、この段階までに、上述したこれだけのことを、病院、医師はやってくれているのです。

この段階で、

・命に別状はない

・手術の必要はない

・入院の必要はない

・病気の可能性は低い

ということを教えてくれています。そしてこれらは整骨院や治療院では完全に調べられないところです。

詳しくはこちらで解説しています。

【病院】「湿布・痛み止めで終わり」の示唆する素敵な3つのこととは?【診断】

もっとしっかりやって、を病院がやったらどうなるか

おそらく、月々払っている保険料が何倍にも膨れ上がることが想定されます。

一度整理します。

初診で病院に行き→問診を受け→レントゲンを撮り→薬をだしてもらっています。

この際、保険は最低限の保証なので、この段階で医療費はある程度使い切ってます。

40兆を超える医療費ですから、これ以上の保証は無理です。
病院では混合診療も現在採用されてませんから、検査した段階でその日はこの処置は確定します。
でもそれを一々説明していると何百人の患者さん相手に深夜までやっても時間が足りないので
もしかすると知らない人は多いかもしれません。

そして、病院で一日に治療を受けられる人の人数は激減します。

今の医師の数、今の診療時間でも、汝j巻町が不通に起きているのが病院です。

一人頭にかける時間が倍になれば、受付可能人数は半分になります。

では病院を増やせば・・・と言いたいところですが、今後b日本の人口は減少することが見込まれているので、

箱モノがバンバンできることは考えにくいでしょう。

それでもいろいろやってほしい、と思う方も当然いると思います。

そういう時にこそ整骨院や治療院の出番、ということを宣伝してみます(笑)

結論としては、今の医療制度では健康保険ができることはこれが限界、そして病院はかなりいろいろやってくれている

となります。

当院としても、リスクを避けるため診断、レントゲンなどの画像検査ができるのは医師だけですから、受けるべきと考えます。

病院とぼくらのすれ違い

でも痛いので、不安、不安は残ります。説明も十分ではないかもしれないので、

・医師の言う異常なし=重篤な病気や骨折、脱臼、靭帯断裂などの緊急的な問題がない

・患者側の異常なし=痛みやしびれなどの自覚症状がない

という食い違いが発生したままになります。

なので、

「病院ではシップだけ。それでは治せない」
「なんてひどいところなんだ」

ということではなくて、制度の中で医師はやれることをやってくれていると考えるべきです。

説明がもう少し会ってもいいかもしれませんが・・・

検査しないリスクを考えたら、大病や入院の心配がないというのはとてもありがたいことです。

病院に行かせない治療院は要注意

実は、治療院、整骨院の中にも、上記のことをよく認識していない人がいます。

なので、皆さんと一緒になって、病院はちゃんと見てくれない!と憤慨していたり、

ちょっとひどいところになると、HPに、

「病院では○○は治らない」

「病院は湿布や痛み止めしか出さない」

と、病院の悪口すら書いているところまであるようです。

選択肢を提示するのも治療側の責任の一つですが、選択肢を削り、自分のいいように誘導するかのような言動は、

残念ながら皆さんのことを考えての行動とは思えません。

いわゆる囲い込み、というやつだと考えたほうがいいかもしれません。

病院を選択肢から消すと危険だという実例

レアケースではあるので、不安をあおるつもりではないのですが、実際当院で起こったことです。

整骨院だからこそ病院の検査は絶対必要だと思う理由:実録、腰痛かと思いきや重病だった話

リンクまで踏むのは面倒だというためにざっくりと解説をしますと、

当院にかつて相当な腰の痛みでもって来院された方がいまして、

途中症状が激変し、もうケガとかそういうレベルじゃないんじゃないか?という状態でした。

病院へ行くよう促したのですが、「病院はちゃんと診てくれない」

と、最初は取り合ってもらえませんでした。

しかし、「来てくれてるからよしとして」いたら、危険なんでは無かろうかという状態に思えたので、

外科ではなく内科に行ってもらいました。

結果としては、重篤な内科疾患が発見されました

こういうことがあるので、病院というのは、常に選択肢に入れておくべきだと痛感した出来事でした。

結論としては

不安を感じたら検査をしておくのはとても大事です。

その際に考えておいてもらいたいのは、検査をしに行ったということです。

そのうえで、異常があったらある、なかったらないで、今度はどこで見てもらうか決める

というスタンスが大事ではないでしょうか。

投稿者プロフィール

院長
院長
けやきの森整骨院院長。
身体の動きや機能の話が得意
くせ毛と大柄なのに軽やかに動くからだが特徴。
ズボン破壊魔。
元読書家で歴史小説に目がない人。
少年・青年漫画限定で意味不明に詳しい