注:当院では行ってません。
たまーに聞かれる小顔矯正、当院でもできますか?と言われる
事もあるのですが、当院では行っておりません。
そもそもノウハウがないのです。
だって、ほら。
IMG_2723
院長が顔でかい

小顔な人もいます。

でも実際新大久保なんか歩いていると小顔矯正とか骨気とか看板が
一杯ありますよね。
実際小顔矯正とはどんなものなのか、効果があるのか検証してみました。

一応別のブラウザでは出ました。
骨のひずみを取ったり、骨膜の中のむくみをなんちゃら・・・
出てくるところを見る限り、アヤシイ・・・
あまり根拠的なところはわかりませんでした。

掲げている効果も、要約すると

・縦横ともにサイズダウンする
・歪みが矯正されることで左右バランスが整う
・フェイスラインがすっきりとし立体感が出る
・全体がリフトアップする
・エラ部分のはりや、頬骨のでっぱりが小さくなる
・顎のラインがシャープになり、二重あごが改善する
・目鼻立ちがくっきりする
・ほうれい線が薄くなる
・血行が良くなり、クマ・くすみ・むくみのほか、頭痛・疲労感などの症状も解消される
・笑顔が自然な感じになる

結構小顔関係ない問題発生!

多分、サイズダウンと左右バランス云々以外小顔矯正関係ない気がします。

笑顔が自然な感じになるに至っては、気分の問題ではないでしょうか?

当然ですが、小顔矯正を謳っているところは、あまり医療資格を持っている方はいないようです。

したがって、あまり医学的根拠のある内容は見当たりませんでした。

仕方ないので考察してみます。
小顔にするためには、

くみを取る

形状を何とかする

力づくで何とかする

の3つの方法があると考えました。以下考察です。

①むくみを取る

むくんでいれば顔が大きく見えるのは仕方ないことです。

パッと考え付くのが、むくみを取る、という事です。
美容鍼なんかはこの系統なのではないかと思います。
当院の鍼灸師は美容鍼をしないのですが、顔のむくみについて聞いたところ、
顔のむくみは大腸経、ただ全身的にみると腎虚(元気がない)
脾虚(疲れが取れずらい)だったりETC・・・↑修正しました
と話が長くなったのでカットしましたが、顔だけ見ないので、全体から見ると
そんな感じのようです。

②形状をなんとかする

形を整えることで何とかなるのでしょうか?
しかし、顔を物理的に何とかするうえで、立ちはだかるのが・・・
骨。
骨格自体を大幅に何とかしないと、骨というフレーム以上に顔が小さくなる
のは難しいように思います。
たとえば、カイロなんかで使う矯正に、ボキボキいう系の調整がありますが、
あれも別に骨はミリ以下の動きであって、数センチ動かしたりしません。
骨が数センチ動いたら骨折ですぜ

③とにかく力ずくで何とかする

イラストでやってみました。
写真 2018-01-23 16 59 13
写真 2018-01-23 16 59 16
©本村画伯
こんな感じで物理的にやれば、表面積がへこむので小顔になります。
※しばらく腫れるのでその期間はむしろ大きく見えます。

ちょっと医学的な部分でのエビデンスがいまいちつかめませんでした。
ほいでもって、去年このようなニュースも。

消費者庁の方でも業者に表示の訂正を求めていて、根拠は裏付けとして
意味をなしていなかったようです。
調べたまとめとしては、

1、骨の範囲でしか小顔にならないと思われる
2、殴って変形させれば面積は減らせる

です。
医療機関はどうしてんのかなあと思って調べていたら、
高須クリニックにこのような記述がありましたので、引用します。

小顔矯正を行っている施設のWebサイトや広告を見ると、よくこのように書かれています。

「人間の頭蓋骨や顔面骨はたくさんの小さい板状の薄い骨が合わさってできています。その板状の骨と骨の繋ぎ目は縫合線と呼ばれており、縫合線にはわずかな隙間があります。加齢と共に縫合線は開いてきて、顔が大きくなってきたり、歪んできたりします。小顔矯正は外側から骨に圧力を加えることにより、縫合線の隙間を埋めて、顔や頭を小さくしたり、歪みを矯正するものです。」

まず、「人間の頭蓋骨や顔面骨はたくさんの小さい板状の薄い骨が合わさってできています。その板状の骨と骨の繋ぎ目は縫合線と呼ばれており、」ここまでは正しいです。しかし、その後の、「縫合線にはわずかな隙間があります。加齢と共に縫合線は開いてきて、顔が大きくなってきたり、歪んできたりします。」これは真っ赤な嘘です。確かに生まれたばかりの赤ん坊は、部分的に縫合線に隙間がありますが、すぐに骨の成長と共に閉鎖してしまいます。一番大きな隙間は、頭頂部(頭のてっぺん)にある大泉門という隙間ですが、通常生後18ヶ月くらいで完全に閉鎖してしまいます。ましてや、大人の頭蓋骨、顔面骨の縫合線は完全に閉鎖しているのは当たり前のことで、隙間なんてものはありません。

小顔矯正と同じようなものに、小顔マッサージというものがあります。顔全体を優しくマッサージして、リンパの流れをよくし、浮腫みをとることにより小顔にするというものです。この方法を行えば、実際に一時的に小顔にすることができます。人間の体の約60%は水分でできているため、顔の余分な水分を除去するようにマッサージすれば、一時的に小顔にすることができます。

やはりむくみを取る説は一時的に効果があるようです。
しかし、やはり根拠的に小顔矯正は厳しいようなので、そこをどうするかという部分では
落ちますよね。というか。自分たちで一時的にって書いてるし。

そういうところを誠実に書いている姿勢は本当に素晴らしいと思います。

というわけで、小顔矯正はちょっと理論的にはなかなか成り立たなそうで、医療機関で
がっちり取り組んでるところはあまりないのかな?というかんじでした。

 

まとめ

小さくしたければ陥没させるしかない

手段の為なら目的を選ばない

むくみが取れてすっきりすることはあるっぽい

投稿者プロフィール

院長
院長けやきの森整骨院 代表
けやきの森整骨院院長。
柔道整復師歴10年ちょい(国家資格)
身体に役立つ情報と、整骨院の本来のルールを発信し、間違った利用(肩こりで健康保険など)をなくし、筋肉、骨の専門家として整骨院が信頼されるよう取り組んでいる。
2017年ズボン3本破壊、チャック一回破壊(不可抗力)。
元読書家で歴史小説に目がない人。
少年・青年漫画限定で意味不明に詳しい。
同名の整骨院の活動には関与していません