腰痛の原因は背中でした!?の症例

腰痛でお悩みの方で、腰の治療をした方は多いかと思います。

全くよくならない方もいれば、良くならない方もいるのですが、

その原因の1つは背中が悪さしている事があるという症例をお知らせします。

目次

痛みの状況と訴え

まずは全体をチェックしてみる

痛みが出ている腰もチェック

治療が必要な場所の結論

背中と腰の境目は結構大事

治療とその後

まとめ

痛みの状況と訴え

30代の男性。3ヶ月くらい腰が痛い。右と左の差はあまり感じない。

運動習慣は無し、その日も別段変わったことはなかった。

座っていたら急に腰が強烈に痛くなり、病院へ。

内科的な病気の心配は検査の結果ないとのことで、ほっとして帰宅。

しかし腰痛が一向に良くなる気配がなく、再度病院で検査をした。

検査の結果は、「一部椎間(背骨と背骨の隙間)が狭い部分があるが、異常なし」

痛み止めと湿布を処方(2週間分)。

その後痛みが取れないために、リハビリが出来る整形外科へ通院。

毎日来るように言われ、2か月間仕事の都合をつけて(途中で抜けて行ってたそうです)

電気治療とマッサージ(医師はマッサージが出来ます)

通っていたが、2~3割痛みが取れた状態で調子は横ばい。

もう毎日通うのは難しい、でも痛いので、何かを変えたくて当院へ来院。

 

これだけ明確に覚えていたという事は、相当辛かったのでしょう。

何はともあれ検査をしてみます。

まずは全体をチェックしてみる

検査に異常はなく、腰に治療をしていた、それも毎日。

という事を考えると、腰だけを見てはいけない案件だという事がわかります。

今回とても良いのは、病院で検査済みという事です。

これで内科疾患のリスクもだいぶ減っています。

少なくとも、柔道整復師の観点~病気に関しては医師にとても及ばない~がざっと見た

感じでは、見た目には病気系の症状も見られないので、病気の可能性を除外してよさそうです。

 

続いては体の動きです。

前後に屈む反る動きでは、激痛は伴いません。

そのあと、左右にひねってもらいます。

痛みは感じないとのことですが、上半身はあまり動いていない状態で、下半身の回転で

見た目だけ回っている状況です。

 

下半身で補わないよう、座ってもらって捻じってもらうと、案の定動きが急激に悪くなりました。

後は左の方が少し上げにくい状態が出てます。

という事は、背中の動きが悪いので、そこを何とかした方がいいかなと考えます。

触った感じでは肩甲骨ちょい下あたりの背中の緊張がとても強いです。

左と右の差で言うと、右の方が特に問題が多そうです。

次に痛みを訴えている腰と合わせてみていきます。

痛みが出ている腰もチェック

動きに関してはすでに見ているので、筋肉を少し触ってみます。

緊張して、いわゆる硬い状態です。

ここを今まで毎日治療していてこれという事は、ここだけやっても

今後もあまり変わらないかもしれません。

それよりも、左側の腰椎(腰の骨)と骨盤の連結部分の動きが悪いのが

気になります。右は普通に動いていますが、左は明らかに動きが悪いです。

治療が必要な場所の結論

検査の結果、

・背中の筋肉の状態を何とかする事

・腰と背中の境目の部分の関節に動きをつけてあげる事

・左の仙腸関節に動きをつけてあげる事

背中と腰の境目は、結構大事

この部分は、かなり大事な部分です。

・腰神経叢と呼ばれる、腰の神経が

集まっている部分のあたりです。

・その為、腰の痛みや、脇腹の痛みにも

大きく影響します。

・また、右のお尻、左の腰の痛みを引き起こす

ポイントでもあります。

 

ココを治療することにより

1、腰

2、お尻

3、脇腹

の問題に対応できると当院は考えます。

治療とその後

背中にアプローチした段階で、腰の痛みが2割ほど引きました。

背中の重要性を納得してもらって、次は左の骨盤の治療。

上と下で挟まれていた部分が腰にあたるという仮説を立てたため、

このようなアプローチをしましたが、うまい事効果が出てくれたようです。

3~4回の治療で、日常的な不便はなくなり、調子により来院される感じになりました。

良かった良かった。

まとめ

毎日治療して変わらない場合は全体をみよう

背中は結構大事

わき腹やお尻の痛みも背中が原因のこともあり