意外と多い問い合わせ

 

お問い合わせで意外に多いのが、高校生以下の学生、お子様の料金、取り扱いについてです。

今日は当院においでの際、または別の整骨院に行く際に知っていたほうがいいルールを

解説します。主に健康保険の話です。

 

高校生の取り扱い

 

一般的に大学生、もしくは18歳以上については大人同様の扱いになるため、高校生以下についての

解説になります。

市区町村によって異なりますが、15才以下のお子様の場合は医療助成制度等がある所も関東圏では多いため、高校生年代(15~18歳)の

お話とします。

その1、学割は効くのか?

効きません。

「学生割引適用してるところあるんじゃ・・・」と思う方がいらっしゃるかもしれません。が、医療保険であれば学割は効きません。

理由は次項で説明します。

何故学割が効かないのか?

理由は医療費である為です。

整骨院の医療費は、基準が明確に決められており、それによって医療費の総額が決まります。

税金を使っている関係もあるのですが、割り増しも割引もしてはいけないというルールがあります

仮に480円が医療費として算定(窓口で払う分として)されたなら、絶対この額でもらわなければなりません。

なので、もし、年齢によって医療費が下がるのであれば、国ごと、自治体ごとで行われているので、

「学割」という制度そのものが存在しません。

その2、学割が効くとしたらこれだよ

自費施術に関しては学割の設定は可能です。

学生からまとまったお金を取る事をせずに、部活、学生生活を応援したいという人も多いので、学生の自費料金を

割引している治療院はあると思います。当院でも自費施術は高校生以下半額に設定しています。

その3、もし健康保険に学割が適用されていたら

差額を支払う必要が出てきます。ただし、通常考えるとこんなこと知らない人も多いので、どちらかというと治療院側に非があります。

少なくとも整骨院が意図的に保険料金に学割を適用していたり、学割をサイトなどで謳っていた場合は、その整骨院が処罰対象(不正請求や詐欺)に

なることもあるので、教えてあげた方がいいかもしれません

本当はよくないことなのですが、特に10年以上前に資格取得している先生では知らない人も結構いるようです。

その3、学割効かなくてもいいから保険を使って下さい

1ヶ月以内に発生したケガであれば、もともと健康保険の取り扱い基準内なのでご安心ください。

肩こりとか、練習の疲れを取るなどに関しては健康保険は元々使えないので、保険外の施術で元気になれるよう頑張ります。

このルールも全国統一なので、「ここはダメだったからあそこでやってもらう」はあまり意味がないと思います。

これもサービスで保険を使ってしまって、発覚すると、その先生は最悪保険の取り扱いが二度と出来なくなることがあります。

もし、ちゃんと見てくれる先生がいるなら、ルールの中でしっかり診てもらって下さい。

犯罪の証拠となる事例

これな。

まとめ

学割は効かない

保険外(自費)なら学割可能(院による)

そこおまけすると、整骨院が処罰対象に

投稿者プロフィール

院長
院長けやきの森整骨院 代表
4F整骨院院長
柔道整復師歴10年ちょい(国家資格)
趣味:読書(宮城谷昌光、歴史小説全般)、スポーツ観戦(野球:見るのは20年来広島、見てる時だけ勝てば良い派、サッカー、他メジャースポーツは守備範囲)
ズボンをよく壊す
整骨院のちゃんとした利用と、皆様の役に立つ情報発信に努めます。
たまに雑記も書くよ