友人結婚式のあれこれから考える、人に話すときのそれこれ

去年友人の結婚式の二次会での出来事を思い出したらいいヒントかもしれないので書き残しておきます。

初体験・仏式結婚式

友人は仏門に入っていて、去年めでたく結婚しました。ハレルヤー(宗教違い)。

結婚式に招待を受けたのですけれども、それが少し変わっておりました。

仏式結婚式です。

どんな感じなんだろう、ドキドキ。

会場はホテルで、仏像のある広間的なところで式は行われました。

やはり特徴的なのは、お経をみんなで読むということです。

しかも2経。

ここで問題が発生します。

事前に聞いてないのでお経がわからない問題

国家や30代以上の人間なら一度は聞いたことがあるものと違い、お経は日常的に聞いていることは少ないかと思います。

少なくとも今まで通っていた学校やコミュニティで、IPODに般若心経入れてる人はいませんでしたし、「三帰礼文のビートヤバい」みたいな会話も聞いたことがありません。

友人が一人修学旅行で般若心経を買っていましたが、読めずに代読したのはいい思い出です。

なので、初のお経を前に戸惑います。

読み方、これはクリアしたとしてリズム的なものがわかりません。

式前に式の説明の方が色々段取りを説明してくれていますが、お経についてはノータッチ。

あまり部外者の方が普段いないからなのか、自分たちが日常使っているものなので知っているだろうと思ったのかは不明ですが、一般参加者は困惑します。

教訓:自分たちにしか通じない文化や専門用語は引く

顔晴るとかもそんな感じかもしれませんが、仲間内だけのあれこれは通常第三者から見たら引きます。

自分のコミュニティ以外の集まりに参加するだけで宗教扱いして遮断しようとする人がいるくらい、排他的な人が存在するこの社会ですから、そう見えかねない言動は慎むべきですが、そもそも鮎喰ではないので難しいところです。

知らない人がどう感じるかの目線は大事かもしれません。

※新郎新婦が主役なので、そういう意味では私の感覚がおかしいのは承知しています。あと文句ではないです、念のため。

ちなみにお経は必ずしも発声しなくてもいいらしくて、節に半端について言った音声を周りに聞かれて二次会でめっちゃ言われました(笑)

ちなみにこの日一番楽しみにしていたのは二次会です。

なぜかというと、ほかのお坊さんも参加すると聞いていたからです。

お坊さんに囲まれてどん話が聞けるのか、これはマーベラスです。

が、お坊さんが参加できなくなり、当日知ったのはお坊さんは友人一人。

なんてこった!

厳しいぜ、二次会の席次

二次会の席次はこんな感じでした。

孤&立!

新婦友人とは是認が初対面であり、新婦とは一度会ったことがある、こんな私です。

基本的に誰とも会話しなくてもそんなに苦痛を感じないタイプなのですけれど、主役の新郎の友人として参加している以上は、ここでの立ち振る舞いが新郎の評価に直結しかねません。

○○君の友達、めでたい日に黙ってむすっとしてたって感じになると、友人があれこれです。

さて、どうしたものか。

今にして思えば、新郎新婦を中央において、新郎側の横に我々が座れば済む話だったんですけどね(笑)

状況を整理しよう

ひたすら初対面の皆さんは新婦のほうを向いて話をしています。

つまり、

1、相槌を打つマンとして参加

2、新郎新婦の株を上げるエピソードマンとして参加

3、死にたくても死ねないので、考えるのをやめる

のどれかになりますが、新郎も何もしゃべんないので、できたら2をやるべきです。

新郎とのエピソードが多そうなもう一人の友人は、おぜん立てしないと話さないタイプなので、あまり協力は期待できません。

目的は達成できるでしょうか?

また、私は心にもない事を言うのに苦痛を覚えるタイプの人間です。そして話の腰を折ってまで、中身のない話をしても仕方がありません。

さあ、話すことはあるでしょうか?

あった!

話した内容

出家した後の友人の状態(身なりとか)

なんか頭にはタオルを巻いてガテン系に見え、持ってるかばんは天空の城ラピュタのパズーが持っているような斜めがけバック(目玉焼きが載ったトーストが出てきそうな感じ)。

ある時から身なりがきれいになり、ラピュタから小さなバッグに変貌、おしゃれ帽子もかぶるようになった

結婚の話を聞いて、アーそういうことかと思いました。

一緒に参加した友人も感激して泣いていたこと

パズー結婚おめでとう

だいたいこんな流れで話しました。全部事実かつ思ったことを言ったので、つっかえることなく、反応も上々。

この時意識したのは、参加者の大半は、新婦を話の中心に据えていたので、新婦さんが株が上がる実話を話すこと。

新郎の変化が実際良いものであったので、新郎もよかったねで終わること。

こんなところでしょうか。

人前で話すことがあまりないので、新鮮な体験でした。

 

 

投稿者プロフィール

院長
院長4F整骨院 院長
4F整骨院院長
柔道整復師歴10年ちょい(国家資格)
趣味:読書(宮城谷昌光、歴史小説全般)、スポーツ観戦(野球:見るのは20年来広島、見てる時だけ勝てば良い派、サッカー、他メジャースポーツは守備範囲)
ズボンをよく壊す
整骨院のちゃんとした利用と、皆様の役に立つ情報発信に努めます。
たまに雑記も書くよ
お気軽にお問い合わせください

 

070-1532-1687

受付時間(平日)
10:00~20:00
(土・日・祝)
10:00~18:00

昼休みはありません

定休日:不定期

お知らせの項目に更新しております

LINEで予約、受付予定の受け取り、その他ご相談が可能です

友だち追加

ブログ
院長をフォローする
草加市草加駅徒歩3分 土日祝受付4F整骨院 痛み、不調の改善のお手伝い
お電話はこちら
タイトルとURLをコピーしました