骨盤や姿勢の矯正を希望される方に、意識してほしいことがあります。

それは、今の姿勢での動きはどうなんだろう?という事です。

ちょっとわかりにくいですね。例えば、

 

この姿勢で運動するとします。

しかし、この姿勢だとどうでしょうか?

スタートの位置から違うわけですから、比較しようがないです。

となると、同じように肩をあげても全然違う事が起きてきます。

そうすると、運動をしても効率がだいぶ違ってきますよね。

そうなってくると、運動の前に、姿勢や動きをどうするかという問題が浮上してきます。

その段階で矯正や整体が役に立ってくるのではないでしょうか。

当院での矯正施術の目的

・関節の動きを取り戻す

・出来ない動きを減らす

・身体が忘れてしまった動きを思い出させる

という事を、当院では目的としてやっています。

関節の動きを取り戻す

同じ姿勢でいる事が多かったり、痛みが続いたりすると、関節の動きが悪くなってきます。

関節の状態を戻してあげることによって、もともと出来た関節の動きを回復させる、というのを目的にしています。

出来ない動きを減らす

関節の動きが悪ければ、出来ない動きも出てきます。

出来ない動きが出てくるという事は、何かの動作の際に、動かせない分余計な部分に負担や負荷がかかります。

それを矯正してあげることによって、出来なかった動きを減らしていきます。

出来ない動きが減っていけば、何かしたときに変なところに負担がかからなくなるので、

疲れやすさなども違ってくるのではないでしょうか。

身体が忘れてしまった動きを思い出させる

調子が悪い、疲れている、どこか痛めた等の理由で、、身体を動かさなかったリ、寝込んでいたり、

休みなく働いていると、次第にやってない動きを身体が忘れてきます。

忘れているという事は、思い出すまでその動きが出来ないという事です。

矯正をしてあげることによって、身体が忘れてしまった動きを思いだあさせる効果を狙っています。

動かし方さえ思い出せば、もともと出来ていたことなので、結構うまくいくのではないでしょうか。

矯正が出来る事とは

他の治療院の方には鼻で笑われるかもしれませんが、当院の見解です。

第三者が、皆さんの身体を元の状態に近づけるのが矯正だと思っています。

元の状態に近づいた結果、痛みがなくなったり、動かせるようになったりするので、

目的としては、元の状態に近づける、という事、

副次効果として色んな事が起きている、そう考えています。

治す、という所まで言ってしまうのはすこしおこがましいのかなあと。

因みに、治療をして、何かが向上した場合、それは、

もともとできたことができるようになっただけで、パワーアップしてるわけではありません

施術後に効果が実感できる方というのは、もしかするともともとすごいことができてるのかもしれませんね。

それをお手伝いしているイメージですので、そういう人たちをどんどん手伝っていきたいものです。

まとめ

運動の前に動ける体つくり

身体が忘れてることを思い出させるのが矯正

治療院は皆さんのお手伝いみたいなもん

 

投稿者プロフィール

院長
院長けやきの森整骨院 代表
けやきの森整骨院院長。
柔道整復師歴10年ちょい(国家資格)
身体に役立つ情報と、整骨院の本来のルールを発信し、間違った利用(肩こりで健康保険など)をなくし、筋肉、骨の専門家として整骨院が信頼されるよう取り組んでいる。
2017年ズボン3本破壊、チャック一回破壊(不可抗力)。
元読書家で歴史小説に目がない人。
少年・青年漫画限定で意味不明に詳しい。
同名の整骨院の活動には関与していません