交通事故で整骨院に通う場合で、損害保険会社が手続きに絡んでくる場合、必ず必要な書類があります。

それは同意書です。

なぜ同意書が必要なのか、無いとどうなるのか、をお知らせします。

交通事故の施術、ちょっと特殊

交通事故に遭った状態で整骨院に通う場合、どちらかがあてはまります。

相手がいるもの

相手がいないもの

その中で、相手がいるものに関しては、

相手方の損害保険会社が窓口になるケースが多いです(例外は除きます)。

健康保険を使おうが

自賠責保険を使おうが

労災を使おうが

相手方にかかった治療費等の請求をするのは、通院された皆様になります。

病院にかかる場合、先方の保険会社に連絡をすると、大概同意書の取りつけを頼まれます。

同意書というのは、自分の症状などの個人情報を、医療機関が先方に開示してかまいませんよ、という内容のものです。

具体的には同意書がないと、お医者さんは診断内容も先方に伝えることができません。

ところがどっこい。

整骨院に同意書発行されてない問題、勃発!

同意書がないとどうなるのでしょうか?今日はそんな話です。

問題其の1、症状について回答が出来ない

個人情報として、第3者に皆様の情報を勝手に開示は出来ません。

という事は、症状を先方に聞かれても回答が出来ません。

痛いのか痛くないのか、良くなっているのかいないのか、教えた段階で、個人情報保護法違反です。

なので、同意書がないと症状を他の人に伝えることができません。

問題其の2、施術料の算定が出来ない

個人情報なので、当然施術料金も含みます。

という事は、施術料も算定不能です。

問題其の3、つまり、整骨院に通ったかどうか証明ができない

症状も言えない、料金も不明となると、そもそも整骨院に行っていたかどうかの証明が不可能になります。

でも、個人情報なんちゃらってわからないし・・・・というそこのあなた。

病院のも書いてるじゃないですか

そして、同意書は医療機関ごとの発行になるので、必ず書いて提出してください。

同意書書くのがどうしてもいやな場合は

同意書がどうしても書きたくない場合でも通院は可能です。

その際は、全額施術料自己負担すれば問題ありません。

最後に、これだけかかったよと先方に明細を提出し、カルテ内容のコピーなどを添えればよいでしょう。

え?同意書書いてないのにカルテ情報とか出していいの?という方。

患者さん本人に渡すのは問題ありません。

というか患者さんの希望なら出さないとだめです。

健康保険を使う場合でも、労災を使う場合でも、相手がいる場合は同様です。

あ、自分の損保会社を通す場合でも同意書は必要です。

自分、健康保険組合、労働基準監督署以外の第3者が見る場合は同意書がないとだめ、と覚えてくださいね。

整骨院の同意書来ないけど?の場合

損保会社が忘れているか、整骨院側が依頼してない可能性が高いです。

真っ当な整骨院は同意書を取り付けるように必ず伝えてますし、同意書が届いてなければ必ずその話をしてくれます。

1月くらい立って同意書がなかったり、整骨院側が必要ないと言っている場合は、残念ですが転院を検討するか、全額自己負担に切り替えたほうがいいかもしれません。

・個人情報保護法に違反している

・そもそも個人情報に関する法律を知らない

可能性がありまして、通院自体がなかったことになる恐れもあります。

まとめ

同意書めっちゃ大事

同意書めっちゃ大事

同意書めっちゃ大事

同業者の方へ

必ず同意書は取り付けてください。

救済より同意書です。

料金より同意書です。

何を言ってるかわからない人や、どうでもいいと思われる方は、ご自身が見ている患者さんに迷惑をかけたり、法令違反を犯す可能性があります。

自分の身が守れて患者さんの役に立つことなので、ぜひお願いします。

全く何言ってるかわからない場合、こちらの記事を総ざらいすることをお勧めします。

 

投稿者プロフィール

院長
院長けやきの森整骨院 代表
けやきの森整骨院院長。
柔道整復師歴10年ちょい(国家資格)
身体に役立つ情報と、整骨院の本来のルールを発信し、間違った利用(肩こりで健康保険など)をなくし、筋肉、骨の専門家として整骨院が信頼されるよう取り組んでいる。
2017年ズボン3本破壊、チャック一回破壊(不可抗力)。
元読書家で歴史小説に目がない人。
少年・青年漫画限定で意味不明に詳しい。
同名の整骨院の活動には関与していません