足に合わせて形を変えるインソールについて

ぼくたちのこと

当院のインソール療法

当院では、フォームソティックスというインソールを使っています。

ニュージーランド発祥のインソールで、足のアーチ部分のサポートと、かかと部分のサポート力が強く、使用者の足に応じて形を変えることができるのが特徴です。

また、約20グラムと非常に軽いため、装着しているために足が重いという事もほとんど心配ありません。

また、従来のインソールは、靴もある程度の指定があり、作成料がおおむね5万円前後と非常に高価なことから、必要な人が手に入りにくいという難点もありましたが、フォームソティックスは機能的でありながら、従来のものよりも低価格を実現しています。

利用できるシューズ

靴の中敷きが取り外せるものであれば着用可能です。

靴によって足底の形が異なるため、一つの靴でセットしたら、そのまま同じ靴で利用することをオススメします。

独自の評価法

ソールと一口に言っても、人の足はそれぞれ形が違います。

足が抱える問題によって解決策が変わってくるのは当然です、

フォームソティックスの優れている点は、それぞれの足に合った形状にフィットできるとことですが、その前段階として、検査や足の状態の把握にも優れています。

足先が外側に向いているか、内側に向いているか、かかとの軸はどうか、アーチの高さはどうかなど、いくつもの評価基準を組み合わせて、足の状況を観測し、自然に管理できるのもなのか、インソールが必要なものかをまず判定します。 必要ない場合は必要ない旨をお伝えします。 あくまで問題解決がメインで、道具の有無はその手段です。

 

扁平なのか、甲高なのかで変わってきますし、足の状態によって、膝の見た目も変わってきます。

従来のインソールとの違い

従来のインソールでかつて主流だったのは、 ・ある程度の質の靴を買う(15000円前後) ・そこに対してインソールの加工(材料費、技術料など35000円前後) というような感じで、費用もけっこうするのもそうですが(これ系の安い奴はほぼ効果がないので仕方ないのですけれど)、 一回靴を買ってくる必要がある事が多い のが一番の問題でした。 当院で扱っているフォームソティックスは、中敷きが外れる構造の靴なら使用が出来、成型の手間も劇的に少なくなりました。

料金

材料費12000円+フィッティング2000円

投稿者プロフィール

院長
院長4F整骨院 院長
4F整骨院院長
柔道整復師歴10年ちょい(国家資格)
趣味:読書(宮城谷昌光、歴史小説全般)、スポーツ観戦(野球:見るのは20年来広島、見てる時だけ勝てば良い派、サッカー、他メジャースポーツは守備範囲)
ズボンをよく壊す
整骨院のちゃんとした利用と、皆様の役に立つ情報発信に努めます。
たまに雑記も書くよ
お電話はこちら
タイトルとURLをコピーしました