当院ではashibraを扱っています。

今の治療院業界にはサプリもあれば、健康器具もあまたあります。ダイエットメニューも

あります。当院にはそれらはないのですが、厳選した、当院がいいと思ったものだけを置いています。

なぜashibraなのでしょうか?今日はそんな話です。

ashibraってなんだ?

足裏、踵、足首をホールドし、足の理想的な動きをサポートする目的で作られたサポーターです。

現代人の生活において、歩くことはとても重要です。

しかし、歩き方、理想的な動きが無意識で出来ている人はさほど多くありません。

また、荷物を持っていたり、疲れがたまっていると、横ふれが起きる歩き方になってしまって、

本来使わなくていい筋肉や関節に負担をかけてしまいます。

横ふれ歩きって何だろう?と思う方は、駅伝やマラソンで、限界になったり、急激に順位を

落としてる選手をイメージしてもらえるといいと思います。

身体を支える力が弱くなっているので、足を着くたびに左右に体が振れています。

それは疲労で起こるのですが、普段から歩き方や、足の使い方が十分でない場合には

やはり同様の現象が起こってきます。

足自体の問題とは

足の使い方が十分でない状態というのは、どういうものでしょうか?

いくつか例を挙げてみたいと思います。

アーチが崩れている

©本村

人間の脚は、イラストのように、いくつかのアーチ構造によって衝撃を分散したり、

体重をかける際のバランスを保っています。

このアーチが、何らかの原因によって崩れていると、負担が分散できないために、

バランスが崩れ、衝撃がクッション出来ません。

そのため、歩き方に問題が起きてきます。

浮指や外反母趾

これらが起きていると、足の三点で均等なバランスを取って立つのは困難になります。

どこかに負担がかかり、足もやられてくると、歩き方のメカニズムも狂ってきます。

膝の問題

変形性膝関節症や、O脚、X脚など、膝周りの問題が起きた時、足の働きはより重要になってきます。

足の動きがしっかりしていることによって、膝の負担を減らすことが可能です。

逆に、良くない歩き方で、膝の負担が増してしまう危険性もあります。

歩き方が上手くいってない、または間違っている

©本村

理想の歩き方は、↑の図の青いペンで書いたような順路で力が伝わっていく感じです。

これをローリング歩行と言います。

余談ですが、ジャンボ鶴田が歌っていたのはローリングドリーマー

歩き方が上手くいってない場合、青いラインのどこかで地面を蹴っている事が多いように思います。

特に外側、及び土踏まずで蹴っている人が多く、そういう人は、

その部分がマメ、タコになっています

これらの諸問題を解決するために作られたのが、ashibraです。

ashibraはここが凄い

機能性、デザイン性について解説したいと思います。

機能性

現代、特に日本のような、いわゆる先進国と言われる国や地域では、硬いアスファルトの上を歩く機会が多くなります。

また、学校教育では、脱げやすい上履きを履く為、足の指を使う機会が減っているのが現状です。

浮指、偏平足、外反母趾あたりにも共通してくるのですが、足の指がしっかり使えていなかったリ、これらの症状により足の機能が低下します。

そして、足の裏のアーチが下がっていたり、筋肉で支えられなかったりで、足の骨が↓に落ち込んできてしまい、痛みを引き起こしたり、疲れやすかったり、

より変形が進んだりの悪循環です。

ashibraは、その機能を補うデザインをしています。

足の骨を引き上げ、踵をホールドします。

インソールとの違いは、地面に足がついてない時(空中)にも、サポート力を発揮します。

そして、機械で再現するのは難しい形状をしている為、オールハンドメイドとなっております。

その為、欠品することもしばしば・・・

アスリートも使用

アスリートも使用しています。

コチラで書き立てるのも優良誤認になりかねないので、FACEBOOKをやられてる方はこちらでご確認ください。

靴を買わなくてもいい

インソールの欠点としては、靴が制限がかかる事があるので、靴を買わないといけないこともあります。

その場合は、ソール代の他に、靴代も乗っかってきます。

ashibraの場合は、靴を新しく買う必要性は低いです。

※S03、AIRは靴の下からはけます。

ashibraは3タイプ

用途に応じて開発された3(+1)タイプがあります。

それぞれ特徴が異なります。

パワフルな屋内用、E02

固定力に優れたタイプで、変形性膝関節症や、股関節の悩み、O脚や膝の痛み、腰痛の方に特に評判が良いです。

当院では、下半身のケガなどで、歩きが上手くいってない時に、院内で装着して歩いてもらう事により、歩き方の訓練も行っています。

特に、ローリング歩行で重要な、親指のけり出しに最も効果を発揮します。

固定力はシリーズ随一ですが、屋内専用という欠点もあります。

また、基本構造は同じで、足の底の部分に永久磁石を入れてあるM01というタイプがあります。

血流改善に優れた、中外兼用タイプ、S03

固定力はE02に劣りますが、機能性はコチラが断然上です。

最大の利点は、中外兼用という事です。

また、足の指全体で荷重しやすい方向に誘導してくれるので、スポーツや、運動にも向いたモデルです(開発者談)。

後述するAIRよりも矯正力で勝る万能タイプでもあります。

アーチ補正と運動補助にかなり注力したAIR

こちらが最新タイプのAIRです。

コチラは特に運動機能向上に特化していて、スポーツの際に特に効果を発揮します。

また、偏平足の引き上げの作用も強いので、そちらでお悩みの方にもおすすめです(開発元談)。

そして、このタイプは、E02、M03と重ね履きが可能です。

お値段(税別)

E02・・・9800円

S03・・・12800円

AIR・・・13800円

となっています。

一見高そうですが、オーダーメイドのインソールは、検索上位のお店では2万円くらいしますので、

+靴代の乗っかってこないashibraの方がコストパフォーマンスがよいように思います。

そして、空中の制御というメリットもあります。

付けてみての感想次第だとは思いますが、ソールであまり変わらないなという方や、足の悩みが変わらない方は、試してみてください。

 

 

 

 

 

投稿者プロフィール

院長
院長けやきの森整骨院 代表
けやきの森整骨院院長。
柔道整復師歴10年ちょい(国家資格)
身体に役立つ情報と、整骨院の本来のルールを発信し、間違った利用(肩こりで健康保険など)をなくし、筋肉、骨の専門家として整骨院が信頼されるよう取り組んでいる。
2017年ズボン3本破壊、チャック一回破壊(不可抗力)。
元読書家で歴史小説に目がない人。
少年・青年漫画限定で意味不明に詳しい。
同名の整骨院の活動には関与していません