ぼくたちのこと

ぼくたちのこと

保険使えますか?をもう少し深堀してみる

整骨院で働く人であれば、一度は効いたであろう、「保険使えますか?」という質問。 今日はその背景について深堀してみようと思います。 質問がされる背景を考えてみる この質問がされる背景について考えてみます。 整体院と区別がついていな...
ぼくたちのこと

SNSの発信次第で、同業者間で紹介がしやすいぜよって話

ネットを使って発信をしていると、時折不思議なことがあります。 同業者の方っから患者さんを消化したり、同業者の方へ患者さんを紹介したりするという現象が起きます。 これはあったことがある無し関係なく起こるから不思議なのですが、本日は...
ぼくたちのこと

自分が所持していない資格に言及するときの心構えについて

・敬意を持つ ・自分が似たようなことをされたらどうするかの想像力を持つ ・言いたいことがあるなら、事実をもとに言う 自分が所有していない国家資格、民間資格に対してものをいうときに、持っておくべき心構えは上記3つになります。...
ぼくたちのこと

【体験談】限界を知ることは大事なことである

いつどこでも構いませんが、自分の限界を知っておくのは大事なことだと思います。 特に、どのくらい無理がきくのか、その無理で生み出せるのは何か、これを知っておけば、スキルアップや副業、転職の際に役立つと思います。 私の場合 比...
ぼくたちのこと

用法 容量を守って使用下さい。

鍼灸の仕事をしていて、よく聞く言葉は「薬は癖がつくから」「薬は飲みたくない」ってこと。 まず癖になるほど飲んでいるのか?癖になるほどの薬ってなんだ? 癖になる薬って、田代マーシーが使っていた薬? 薬は飲みたくない。毒じゃな...
ぼくたちのこと

セミナーに行くための着替えでズボンが壊れた時の心構えについて

セミナーあるあるだと思いますが、 行く前の着替えでズボンって良く壊れるじゃないですか? そんな時に精神の平穏を保つ心構えについてお伝えしておこうと思います。 多分今までで一番実用的な内容です。 ちなみに行った後に壊れた場合はこちら ...
ぼくたちのこと

同業他業で協力して患者さんの力になったほうが絶対いいのに、逆を行く治療院界隈

治療院界隈で発信している人は、大別すると ・自分の宣伝に終始する ・自分の宣伝+よその悪口 ・よその悪口 ・不正撲滅 ・日記・ポエム が多い印象があり、 ・考察系 ・統計を基にした議論、考察、...
ぼくたちのこと

技術と知識が成長していても、法制度理解が成長していない残念な治療院界隈について

この記事は平昌オリンピック中に書いた記事を編集したものです。 平昌オリンピックで日本人金メダル連覇という、 羽生選手が偉業を成し遂げました。 この4年間で男子フィギュアスケートの進化はすさまじいなと感じまして、 具体的に...
ぼくたちのこと

○○はこれしかやらない○○するところ、根本から治すのは○○だけってやったら誰が幸せになるんだいジョニー?

これ系の表現をたまに目にします。 類似系として 整骨院は保険で電気かけてもむところ、整体院は根本から治すところ 整体院は無資格者が危険なことをしているところ、○○院は国家資格者が根本から治すところ 文法は大体...
ぼくたちのこと

スタッフ自己紹介:猪瀬(鍼灸師)

【鍼灸師自己紹介】 はじめましての方ははじめまして。 猪瀬と申します。 鍼灸師になって10年ほどです。 鍼灸をやっていてよく聞かれるのは、 「薬は飲みたくない、飲むと癖になるから嫌だ」 という声です。 本当は薬は癖になるのか、...
お電話はこちら
タイトルとURLをコピーしました