健康保険・労災・交通事故について

ブログ

同業者の施術は受けていたほうが紹介はしやすいよねって話

自分のところ以外は認めない!病院に行かせない!っていうところを除けば、患者さんに会う環境は常に提案していきたい派です、こんにちは。 患者さんを同業者に紹介する/される際に、当たり前ですがその施術状況を知っておいたほうが紹介がしやすいで...
ブログ

療養費界隈の「保険」への向き合い方について

先日、健康保険云々についての記事を書いたのですが 本日はそこから一歩進めて考察していこうと思います。 保険との向き合い方についてです。 自分たちの活動目的や、思想はいったんおいてフラットにご覧いただければ幸いです。...
ブログ

健保連の償還払い議論で騒ぐより大事なこと

ちょっと前に、健保連の談話のニュースで治療院界隈が若干ざわつきました。 健康保険組合が、整骨院の健康保険の支払い方式を受領委任払いの受付をやめて償還払いのみに移行しようというのがメインのお話です。 受領委任払いと償還払い...
ブログ

協力し合えない治療院界隈の混沌の一端がほんの少しだけ分かったという話・後編

前回の続きになります。 前回記事と合わせて読むことをお勧めします。 ヘイトを可視化してみる 協力し合えないのは、謎にヘイト多めだからだと思うのですが、それがそもそも何を指しているのでしょうか? ...
ブログ

協力し合えない治療院界隈の混沌の一端がほんの少しだけ分かったという話・前編

治療院界隈はヤンキーワールド 治療院界隈は、基本的にどの資格でも、補い合っていけば患者さんのためになると思うのですが、現状その例は少なく、一部のコミュニティを除くと、基本的にはヤンキーワールドです。 この場合のヤンキーワールドとは、...
ブログ

整骨院や鍼灸院、マッサージ院が自粛対象外のその意味を考えよう

東京都の自粛要請業種が発表され、その後変更したりもしていますね。 こちらで確認できます。 最初は対象外に入っていた整体院も 身体機能の維持という一文があることから、理学療法士の方に配慮した文章のよう...
ブログ

患者さんの「保険使えますか?」にアレルギー持つのはそろそろやめにしようか

まじめな資格者の方ほどちょっとうってなる問合せに、「保険使えますよね?」というものがあります。 実際は来院されてのやり取りで、どのニュアンスかを知る必要はありますが、アレルギー反応をやめて、少し考えてみませんか?そんなお話です。 ...
ぼくたちのこと

自分が所持していない資格に言及するときの心構えについて

・敬意を持つ ・自分が似たようなことをされたらどうするかの想像力を持つ ・言いたいことがあるなら、事実をもとに言う 自分が所有していない国家資格、民間資格に対してものをいうときに、持っておくべき心構えは上記3つになります。...
ブログ

治療院界隈は環境認識と、現状の実務と、自分の思想は分けるべきだよ

仕事をしていくうえで必要なことは、人間性とかそういうのは置いておいて 1現環境をしっかり認識する 2現状の実務に従事する 3そのうえで自分の思いを表現、実現する これが必須項目だと思います。番号順に重要です。 ...
ブログ

治療院の発信に一番大事なものはコンテンツという話

発信が少ない治療院界隈~コンサルが入るまで なんやかんやで、施術者は発信と相性が悪いという面があります。 ・就労時間が長い ・倫理観がある人ほど、○○は治る的ないい加減なことは言えない(ない人は自由) ・同業者の言葉狩り...
お電話はこちら
タイトルとURLをコピーしました