病院では治せない、根本から出ないと治らない、そんな文言がある治療院、整骨院等に通っている方に、頭に入れておいてほしい事があります。

病院に行く必要がないとしか行かないところで診てもらっていると、危険な場合があります。

今日は、実際にあったケースをお伝えするとともに、治療院選びの参考にして頂ければと思います。

※当の本人に許可をもらって書いています。

実際にあったこと

時系列に沿って書くと、

2年くらい前から右の背中が痛かった

レントゲンを撮って異常なし(病院①)

特段対策もなかったので通院やめる

去年の年末から痛みが強くなった

病院へ(病院②)、CT等を撮る。ちょっと変だな?

という所見が出現。恐らく問題ないが気になるなら専門機関に紹介しますよ?と言われ、紹介状を書いてもらう

その間に身内のいる北海道へ旅行。やはり痛いので整骨院で診てもらう

定期通院が無理なので、奇跡的に普段の住所が近かった当院に紹介してもらう

当院に通院開始、痛みが取れてきたと感想を頂く

痛みがとれたくらいの時期に専門機関で検査を受ける

骨腫瘍発見、手術

抜糸後の痛みが出現、状態報告と相談を兼ねて来院←イマココ

という事がありました。

今は経過を見ている時期に該当しますが、こういう状態でした。

一回の検査で分からないことがある

ご本人も、紹介元の病院のテンションから、軽い気持ちで検査を受けて・・・びっくり!という感じになりました。

2年間なので、最初の段階では見つからなかったという所もあるかもしれませんが、病院も3軒回ってようやく発見というレベルなので、

整骨院、整体院レベルでは見分けがつかない可能性が極めて高いです。

痛みの矛盾などから検査を進めるくらいしかないように思います。

病院では治らない系のあおり治療院は危険

今回の患者さんにとってよかったのが、北海道で対応した先生がちゃんとした人だったことです。

もしそこで、

病院は検査するだけで治せないから行く必要がない

とか言われていたら、おそらく今回再度検査とかしてなかったと思われます。

当院単独でも以前ありましたし、痛風とかレベルなら何件もあります。

身体の不調、痛みにおいて病院は絶対軽視してはいけない場所です。

病院を軽視する治療院は、命を軽視しているようなものです。

自分の命を守るためには、そのような治療院は避けた方がよいかもしれません。

もし何かあっても彼らは責任取ってくれないのですから。

 

投稿者プロフィール

院長
院長
けやきの森整骨院院長。
身体の動きや機能の話が得意
くせ毛と大柄なのに軽やかに動くからだが特徴。
ズボン破壊魔。
元読書家で歴史小説に目がない人。
少年・青年漫画限定で意味不明に詳しい