年末も年末で、大掃除をこれから始める人もいるのではないかと思います。

今日は、大掃除の際に気をつけて頂きたい腰の負担がかかる姿勢について解説します。

姿勢別、腰に負担がかかるやつ

 

まず、立っている状態と、座っている状態では、座っている方が
腰に負担がかかります。こんなかんじ。
low-back-pain200902_image01-pc
沢井製薬HPより)
こんな感じで、立っているよりも座っている方が腰に負担がかかります。
そして、床に座っている場合は、実質床に座る+前かがみになるのと同じ
程度の負担がかかる為、辛い状態になります。背中が伸ばされて腰がつらい。
写真 2017-12-25 18 55 35

もともと人は同じ姿勢で座っているのはすごく負担がかかるので、適当に
姿勢を変えながら座っているのですが、周りに人がたくさんいると
それは中々難しくなってきます。

 

これらの中で、寝そべって大掃除をする人はいないと思うので、中腰を特に気をつけましょう。

中腰

前かがみで物を持つと、腰にめちゃめちゃ負担がかかります。

というのが全くぴんと来ない人はあまりいないと思いますが、

物を持つときは気を付けて、置くときは中腰

という人が、腰を痛めて来院することが、当院の年末には多いです。

では、どうしたらよいでしょうか?

近づく

持つものに自分から近づいていきましょう。

ポイントは、置くときもこのように体ごと近づくことです。

疲れてるときは面倒ですが、

疲れてる時の方がやらかしやすいです。

ぜひ試してみて下さい。

投稿者プロフィール

院長
院長けやきの森整骨院 代表
けやきの森整骨院院長。
柔道整復師歴10年ちょい(国家資格)
身体に役立つ情報と、整骨院の本来のルールを発信し、間違った利用(肩こりで健康保険など)をなくし、筋肉、骨の専門家として整骨院が信頼されるよう取り組んでいる。
2017年ズボン3本破壊、チャック一回破壊(不可抗力)。
元読書家で歴史小説に目がない人。
少年・青年漫画限定で意味不明に詳しい。
同名の整骨院の活動には関与していません