肩こりが健康保険使えない理由をわかりやすく解説してみた

・法的に適用条件を満たしていないから

・健康保険の対処法がそもそも肩こりに適していないから

これらの理由で、整骨院で肩こりに対して、健康保険が使えることがないです。

前者の理由でいろいろ言っている人は多いので、後者の理由メインに構成しています。

肩こりに過剰反応する人たち

今まで整骨院に行ったときに、聞いてもいないのに、「肩こりは健康保険が使えません!」
って言われたことないですか?
もしくは、肩こりなんですが、健康保険を使えますか?って聞いたら使えません、って言われたことありませんか?
元々制度上だめなのですけれども、なんでダメかを説明しているところは少ないので、解説したいと思います。

整骨院で行っている健康保険の目的

整骨院で一般的に行われている健康保険の目的は、ケガを治すことです。
しかし、肩こりはけがではありません。


結果、効果がないのです。
ケガの治療は基本、固定やリハビリですが、肩こりを固定しても治りませんし、損傷してなければリハビリも必要ありません。

※関係者各位、厳密に見るとあれにしてる理由は文脈から読み取ってね。

でもこうかあるかもしんないじゃん

って思うかもしれません。

少したとえてみましょう。

単二電池が必要な家電は、単三電池では動きません。規格が違うからです。

ブルーレイディスクは、DVDより未来の技術のため、旧来のDVDプレイヤーでは見られません。

切り傷に風邪薬飲んだところで、風邪ひいてない限り効果が出ません。

ヒトカゲはほのおタイプのポケモンです。火炎放射は効果が見込めないでしょう。

エアーマンは倒せません。

エアーマンが倒せない"3D"/Team.ねこかん[猫]

聞かれてもないのに「保険云々」って言うのは何なの?

※興味ない方は読み飛ばして差し支えありません

トラウマです。以上。

整骨院を利用される方や、一般の方にとっては謎な行動ですが、整骨院の看板を上げていると、定期的に、肩こりを保険使わせろって来る人や、健康保険証をぐるなびクーポンと同じ感じで出してくる方がいらっしゃいます。

この経験が絶無な整骨院はほとんどないと思います。

ただ、これをやってしまった場合、捕まることがあり、我々の資格は、捕まったら免許はく奪になる可能性が非常に高いです。

もう二度と国家資格は取得できませんし、それまで払った学費も無駄になります。

地域や場所によってはご理解いただけない(保険を使わせないように意地悪していると思われたりする)、または統計学をご存じない同業他業の方から、「整骨院はほとんど不正してるんだガー」と言われたりして、コンプライアンス意識が高い人ほどハリネズミになっている感があります。

生暖かい目で流していただければ幸いですが、そう言う人が減るように、この記事を書いています。

病院で肩こりに保険が使える説

一応病院では、肩こりに対して健康保険で通院が可能です。

病院では肩こりで健康保険が使えますと書いていないところが味噌です。

肩こり自体が他の病気の可能性があるという解釈で、症状管理のために薬の処方や検査が可能です。

悪い事をして別の病名をつければ、リハビリもできるかもしれません(そういう悪い事をする人がいるかは、多分いないと思いたいです)。

ちょっとこったら健康保険証をもってマッサージしてくれるところを探している方には非常に申し訳ありません。

病院でも本来は厳しいようです。

病院でも本来は厳しいようです。

実際の病院勤務をしていないので、違ったら訂正します。

※具体的な数字をお持ちの方は情報下さい。うちはこうだったみたいなやつはご遠慮ください

病院でも本来は厳しいようです。

まとめ

そもそも保険の施術では効果がない

よって適用されていない

投稿者プロフィール

院長
院長4F整骨院 院長
4F整骨院院長
柔道整復師歴10年ちょい(国家資格)
趣味:読書(宮城谷昌光、歴史小説全般)、スポーツ観戦(野球:見るのは20年来広島、見てる時だけ勝てば良い派、サッカー、他メジャースポーツは守備範囲)
ズボンをよく壊す
整骨院のちゃんとした利用と、皆様の役に立つ情報発信に努めます。
たまに雑記も書くよ
お電話はこちら
タイトルとURLをコピーしました