お子さんとお出かけをしていると、急なあれこれで、咄嗟にお子さんの腕を引くことがあります。

その時、お子さんが急激に痛がったり、腕が上がらない、なんてことはないでしょうか。

これは、いわゆる「肘内障」と言われるものです。

基本的にはすぐ良くなりますが、留意が必要なケースもあるので、今日はそのあたりについてお伝えします。

どんな感じで起きるか

日本整形外科学会があまりやる気のない記載の為、日本小児外科学会より引用します。

 俗にいう「肘(ひじ)が抜けた」状態のことです.
親がこどもと手をつないで歩いているとき,こどもが転びそ うになったのでとっさに手を引っ張ったら,急にこどもが泣いて手を動かさなくなった,というのが最も典型的な起こり方で,肘の関節の亜脱臼の状態です.歩 きはじめから5歳くらいまでのこどもで,とくに1歳から3歳の幼児に最も多く起こります.こどもは突然泣き出し,痛めた方の腕を使おうとしなくなり,また 触れられることを嫌がります.腕は麻痺をしたようにだらりと垂れ,内側を向いたようになります.
亜脱臼した関節が自然に元に戻ることもあります が,多くは治らないので治療が必要です.関節を元に戻す処置(整復)は,外来で比較的簡単に麻酔をかけずにできることが多く,完全に整復されると,こども はすぐに肘を曲げたり手を使うようになります.しかし,幼児が一人で遊んでいたり,友達と遊んでいたりしている時などに起こると,けがをした原因がわから ないこともあります.このようなときは,肘の関節のまわりの骨折や鎖骨の骨折などがないか,注意深く診断する必要があります.
5~6歳になると靭帯がしっかりしてくるのであまり再発は起こりませんが,一度肘内障が起こると繰り返すことが多いので,治ってもそのあとは手を強く引っ張らないように注意しましょう.

まとめると、いわゆる肘の亜脱臼に該当します。

正確に言うと、骨に異常はなく、輪状靭帯と言われる靭帯が、橈骨という骨を止めているのですが、まだ関節が十分にできていない子供の為、

引っ張られたりした刺激で外れてしまう事があります。

結構お子さんもなくので、心配になりますが、治療法はというと・・・

治療法

比較的簡単に整復(元に戻す)できます。

最短で数秒で治ることも。

ある意味魔法のように良くなるので、すごく治した感がある症例だったりします。

この症状の治療可能な場所は、病院、整骨院です。

その他の施設では、法令上治療不可ですのでお気を付け下さい。

又、かつて歌舞伎役者の市川海老蔵さんが、自分で整復したとブログにあげて問題になりましたが、あまり自分たちで捜査をするのはお勧めしません。

乱暴な操作によって、別のケガを引き起こす恐れがあります。

整復が難しい場合

なってから長時間空いていると、お子様が力が抜けにくくなっていて、整復操作がしにくい場合があります。

また、何度か起きている場合、関節の形状に問題が起きている可能性があり、その場合も操作の妨げになります。

留意するケース

見てないところで痛めてしまっている場合は、別のケガの可能性もあります。

その場合は、医師、柔道整復師にその旨お伝えください。

 

 

投稿者プロフィール

院長
院長けやきの森整骨院 代表
けやきの森整骨院院長。
柔道整復師歴10年ちょい(国家資格)
身体に役立つ情報と、整骨院の本来のルールを発信し、間違った利用(肩こりで健康保険など)をなくし、筋肉、骨の専門家として整骨院が信頼されるよう取り組んでいる。
2017年ズボン3本破壊、チャック一回破壊(不可抗力)。
元読書家で歴史小説に目がない人。
少年・青年漫画限定で意味不明に詳しい。
同名の整骨院の活動には関与していません