痛み止めって身体によくないってイメージをお持ちの方も多いと思いますし、

良い使い方が分らないので、使った方がいい時にガマンしてしまう方も

いるかもしれません。

本日は、痛み止めの良い使い方について提案いたします。

最初に結論

・痛い時にはガマンせず使おう

・使ったら、出来る範囲で動こう

という感じでいいと思います。

こんだけ?と思う方もいるかもしれませんが、薬は薬です。

これは実は治療もそうなんですが、これらはただの手段です。

目的の為に使うツールにすぎませんので、自分で都合よく使えばいいと思います。

使っただけでは今一つのこともあると思うので、動くという事が、特に提案したいことです。

そもそも痛み止めは何のために使うのか

痛みを止めるため、ですよね?

痛みを何とかしたいという事は、最終的には、

何もない状態に戻りたい、治したい

というのが目的だと思います。

その為には、痛いという状態が邪魔になります。

運動をするにしても、家事をするにしても、痛いと上手くいきません。

なので、痛み止めを使ってまずは痛みという状態を遠ざけることは有効です。

でも・・・と痛み止めにまつわるあれやこれややリスクについて気にかかる人もいることかと思います。

あれやこれややリスクは実際どうなんでしょうね?

痛み止めのリスク

痛み止め=悪なんて言う記事もあったりするから少し怖いな、という人もいるかもしれません。

でも、そういう記事につきものなのは、○○な人は痛み止めとの併用は注意、という事が多いんです。

最初から自説に持っていくために、有利な条件を先付けしているんですね。

具体的に言うと、心筋梗塞を発症したことがある人や高血圧の人は危険、みたいな記事構成です。

でも、条件が付いてるとか、飲み合わせの問題であれば、

かかりつけの医師がそんな危険な処方は普通しませんよね。

なぜそのように不安をあおるのか、よくわかりません。

因みに、市販薬でも、使用上の注意を読んでおけば、事前にリスクはわかることがほとんどです。

先日そういうことを患者さんが言われて非常にびっくりしたのですが、

ロキソニンを飲み続けていると死ぬと脅された方がいるそうです。

それについての検証記事を書いてみたのですが、かなり的外れな脅しでしたので

ご報告いたします(笑)

ロキソニンで死ぬのは相当難しい

完全にロキソニンが原因と断定できる例はほとんどなく、確率的には薄いのを入れて3億分の1、

しっかり目に考えて70億分の1の確率でしかないので、基本気にしなくていいと思います。

そういうことを言う人がいたのにはびっくりしたのですが、安全性を確認できたので良かったです。

ただ、胃に来たり等の副作用で言えば出る事はありますので、無敵な薬だー!みたいにのむのはお気を付け下さい。

あくまで痛い時に飲むって感じです。

飲んだら動いた方がいい

痛い時には、どうしても動かせないので、全体的に動きが悪くなります。

痛くて動かせない→動きが悪くなる→循環が悪くなる→筋肉が緊張する→血管を圧迫する→より痛い→より動きが悪くなる

みたいなループが起きてしまいます。

痛み止めを飲むと、その中のより痛い、が減らせます。また、痛みが減ることにより、

痛くて動かせないという部分がかなり楽になります。

つまり、チャンス。

この間に痛くて動かせなかった動きをしてしまいましょう。

動かすことによって、その部分の血流がよくなります。

血流(血行)がよくなると、痛みも減っていくので、治っていく状態になると考えてよいです。

「せっかく痛みが減ってるんだから大人しく・・・」と思っている人もいるかと思います。

確かにそうなんですが、安静にしていればよくなるのであれば、既によくなっています。

温泉も、手技療法も、血行を良くするという目的をもってやっています。

なので、ご自分でも軽く動かして、その部分に血流を促すという事は、とても大事な事です。

勇気をもって挑戦してみましょう。

まとめ

・副作用とかはそんなに気にしなくていい

・痛い時は我慢せず飲む

・飲んだら動こう、できるだけ

投稿者プロフィール

院長
院長
けやきの森整骨院院長。
身体の動きや機能の話が得意
くせ毛と大柄なのに軽やかに動くからだが特徴。
ズボン破壊魔。
元読書家で歴史小説に目がない人。
少年・青年漫画限定で意味不明に詳しい