緊箍児呪

(きんこじじゅ)

 

 

 

 

 

 

 

 

 

おはこんばんちは。

上の呪文を聞いて頭が痛くならなければ、ご自身の知らないうちに

緊箍児(きんこじ)←孫悟空の頭の輪っかの名称

を寝ている間に勝手につけられたりしてないと思います。

しっぽ握られると力が出ない人は知りません。ヤジロベーに切ってもらって下さい。

 

 

今月は頭痛の基本的な説明緊箍児はめられてるように出てくる痛みの解説をします。

 

頭痛とは

頭部に感じる痛みのうち、表面痛でないもの。
様々なタイプの痛みを含んだ幅の広い症状概念である。ありふれた症状である一方、
これを主症状とする致命的疾患もあり、他方で原因が特定できないことも多いという、
症候学上非常に重要な症状。原因は様々にある。
血液中のある物質による炎症反応ともいわれる。

 

つまり、頭痛は人によって様々な原因や症状があり、

よくある症状だけど、重篤な病気やケガの場合もあるよ。

との事です。

 

分類としては大きく分けて

頭痛の原因となる疾患がない一次性頭痛

頭痛の原因となる疾患がある二次性頭痛

の二つに分けられます。

 

一次性頭痛

一次性頭痛は慢性・反復性のため、多くの場合、患者が「いつもの頭痛」と心得ており、

医療機関を受診しないことが多い。

受診時はたいてい、「ふだん経験したことのない頭痛」として受診する。

・緊張型頭痛

頭痛界のエース緊張型頭痛!
精神・肉体的ストレスや筋肉の緊張などが原因
目への光刺激も目の周囲の筋肉や神経にストレスを与えるので、
光る画面を見ることが多くなった現代で幅を利かせています。

・片頭痛(偏頭痛)

朝起きたら痛い、太陽の光が入ってきたら痛い
など痛みの出方に傾向はあるものの基本的にはまだ解明されてない部分が多い。
有力説には「セロトニン説」「神経血管説」がある

・群発頭痛

メカニズムはよくわかってないところが多い。
痛い。とにかく痛い。
「スプーンで目玉をエグられる」
「目の裏をキリで穴を開けられている」
と例えられるくらい痛い。
別名「自殺頭痛」
心筋梗塞尿路結石、と並んで
生きているうちに味わえる激痛3選に選ばれているくらいに痛い。

二次性頭痛

・頭部外傷による頭痛

・頭頸部血管障害による頭痛

・非血管性頭蓋内疾患による頭痛

・物質またはその離脱に伴う頭痛

・感染による頭痛

・恒常性の障害による頭痛

・頭蓋・頸部・眼・耳鼻・副鼻腔・歯・口腔などによる頭痛・顔面痛

・精神科的頭痛

・二日酔い

などなど量が多いので各々の説明は割愛。
他に原因疾患があって頭痛の症状が出てますよ。
というのが二次性頭痛。

手技による施術で症状を下げる効果が期待できるのは主に一次性のものです。

 

頭が輪っか状に痛い!

頭痛の悩みで来院される方の中に

「頭が輪っか状に痛い!」

と訴える方がそこそこいます。

 

痛み方もよくある部分的な痛みではなく

頭を絞められるような痛みなので、病院へ駆け込んでも

「異常なし。緊張性の頭痛ですね」

 

・・・。

そんな事あるか~!

頭の輪っか状に痛いのに原因が筋肉だなんて

ありえないでしょー!

 

あるんです。

 

 

 

ばばん

左図は頭半棘筋の走行です。赤点から青点に向けて筋肉が付いています。

右図は頸半棘筋と頭半棘筋のTP(トリガーポイント)です

簡単に説明すると緑の×が各筋肉の負担のかかりやすいポイントで、

そこが原因で症状が出る場合、赤い点の範囲に症状が出るよ!

という図です。

 

頭半棘筋の症状は見事に鉢巻上に赤い点が分布されていますね。

こんな頭痛の出方も実際に存在するし、それの原因が筋肉だよ。

という事は往々にしてあります。

 

 

ここ1週間くらいは気圧や温度変化による自律神経からくる疲れからか、

頭痛を訴える患者さんが増えています。

もちろん、いつもと違う頭痛や立っているのもやっとのような頭痛は

専門医にかかるのオススメしますが、

・頭がどんより痛くて辛い

・せっかくの休日だけど、頭痛があって何もしたくない

などなど、緊張型の頭痛は原因をよく診て施術を行うと痛みが

はやく取れるので、頭痛でお悩みの方は一度ご来院頂いて

お身体を診させてもらえると力になれると思います。

 


参考文献

日本頭痛学会:慢性頭痛の診療ガイドライン2013

国際頭痛分類第3版beta版 , 2014

wikipedia:頭痛

 


施術に関するお問い合わせ、ご予約希望の方

初めての方はお電話でどうぞ

048-960-0648

2回目以降の方は、LINE@からでも可能です。

友だち追加

また、文章で質問などがある方は、お問い合わせフォームよりお願いいたします。

営業の方は、患者さんの問い合わせ用の番号で電話をかけてこられると、予約の電話が受けられない事例が増加中です。

御用の際はお問い合わせフォームからお願いします。