本日、稀勢の里関が引退しました。

大けがを乗り越えて優勝した後、そのけがに悩まされ、休場を繰り返しての引退です、お疲れさまでした。

当時無理をした背景にはいろいろあったでしょうが、ここは本人と周りの真実の領域ですから割愛します。

本日は、このように、無理をした後に、戻らない健康というケースもあるので、元気なうちに考えておこう、というお話です。

ケガは完治しないこともある

ケガは完治しないこともあります。

例えば、体に傷跡が残っている人もいると思いますが、体表だとあんな感じですし、体の内部で筋肉に傷跡が残ることがあります。

また、外反母趾やヘルニアなどの変形は、痛みは取れることも多いですが、手術で形成しない限り、形が戻ることはありません。

病気だってそうである

大病をして臓器を摘出したり、後遺症に苦しむケースもあります。

壊れかけのものは治ることもありますが、壊れてしまったら治らないものもあるのです。

ゼッタイ今しなきゃいけない無理ですか?

無理の中にも、別にやらなくてもいいんじゃないかというものもあります。

今日明日頑張って、その積み重ねで身体に影響があってからでは取り返しがつきません。

今ここでしなくてはいけないことを除いて、後回しにしてしまいましょう。

そもそも、疲れた状態で作業しても、作業効率は低下していますし、疲れた状態のままであれば、日々効率は低下します。

休む時は休む、仕事も効率よくやってなるべく早く帰りましょう。

「でも帰れない・・・」という場合は、

仕事を笹っと終えて、帰れない時間でスキルアップでもしてヘッドハンティング狙い

なんかいかがでしょう?

まとめ

健康は金では買えない

命は金では買えない

金で腕前は変えるので買われる方向に

投稿者プロフィール

院長
院長4F整骨院 院長
4F整骨院院長
柔道整復師歴10年ちょい(国家資格)
趣味:読書(宮城谷昌光、歴史小説全般)、スポーツ観戦(野球:見るのは20年来広島、見てる時だけ勝てば良い派、サッカー、他メジャースポーツは守備範囲)
ズボンをよく壊す
整骨院のちゃんとした利用と、皆様の役に立つ情報発信に努めます。
たまに雑記も書くよ