日本は国民皆保険

日本が世界に誇ってもいいと思われる制度の一つが、「国民皆保険」です。

かつては日本人の3分の1が無保険な時代があり、どこでも誰でも等しく医療が受けられるようにできた制度です。

特に、手術関係やがん治療では、医療費がどうしても高額になる為、この制度の恩恵は計り知れません。

「保険に入ってなかったせいで死んだ」人を極力なsくすための制度と考えると良いと思います。

が、誰でも、どこでもがマイナスになっている部分もあります。今日はそのあたりの話をしていきたいと思います。

全員が保険を使えるという事はつまり

内容に濃淡が出来ます。

完全平等にも出来なくはありませんが、今の保険料が数倍になると思います。

そして、数倍になったところで、窓口では3割~1割の負担は残ります

というわけで、現在は濃淡があるのですが、どこが濃くてどこが薄いのでしょうか?

現在の保険の手厚い部分

命、または日常生活を脅かすもの(入院関係)にかかわるところが最も手厚いです。

グラフを自分で作ると分かりにくいので、こちらから拝借しますと、

なんと、国民の実質負担は2割以下でした。

これは医療助成と後期高齢者医療の窓口負担が少ない事に起因しているのかなと思います。

そして、一番使われているのが、入院関係です。

比率が一番多いですね。

一般的なイメージですと、年配の方が病院に毎日・・・と思いがちですが、実は命に係わるものの金額が上回っています。

そして、年配の方の医療費の伸び率は抑制傾向にあり、これは大病院に飛び込みで行けなくなった(お金払えばOK)ことと、

必要ない場合の通院を抑制するようになってきた事が上げられます。

特に、平成28年にかなりの抑制力が加わったことが見て取れます。

保険の薄い部分

こちらは、端的に言うと、「死なないし動けてるもの」になります。

入院、手術の必要がないケガもこのエリアに入ります。

シップだけ・・・痛み止めだけ・・・ではなく、そのレベルの処置で、セルフケアで問題ないでしょうと、乱暴に言えばそんな感じです。

実際ここを超手厚くやってしまえば、医療費は100兆円を軽々オーバーしますので、我々の保険料も爆上げすること請け合いです。

全員平等にやってしまうと、命に係わる医療の部分を削るか、保険料あげるしかない、その中で出来る事を一生懸命医師、医療者はやってくれています。

ただ、7年後に団塊の世代の方々が75歳以上に突入するので、その分の医療費の負担が大幅に増えると予想されています。

そう考えると、平等に・・・という部分は現実的ではないのかもしれません。

どうやら保険は万能の願望器ではないらしい

あちらを立てればこちらが立たないので、優先順位をつけて、濃淡があるのが健康保険です。

特にちょっとしたものであるほど、保証が薄くなるので、それを踏まえた上で医療機関を使うといいと思います。

必要な考え方

入院、手術が必要でないレベルの痛みには、健康保険での対応には限界があります。

では自由診療・・・の前に、自分でも出来る事があるか考えるのがとても重要です。

健康保険+セルフケアで良くなるならそれで全然OKですし、

自由診療+セルフケア、もしくは生活環境の改善が必要ならやるべきです。

大事な事は、

全て医療機関、治療院に丸投げではなく、自分も良くなるために何ができるか考える

ことだと思います。

特に、健康保険の場合は、保証がある程度限られた中で、何ができるのか、何が出来ないのかがくっきり出やすいので、

それを踏まえた上で医療機関をご利用下さい。

制限がある=手抜きではありません

これも誤解を招きやすい所なので、補足しておきたいところです。

制限があるからと言って、医療者が手抜きをしているわけではありません。

その範囲内で、出来る事を一生懸命やっています。

「何でもっとやってくれないんだ!」という批判は甘んじて受けなければいけないのかもしれませんが、

医療費は税金を使っている以上、ルールが絶対なところがありますので、その中で全力を尽くしたいと思います。

ちなみに整骨院は・・・

ちなみに、整骨院や鍼灸院、マッサージ院(リラクゼーションは含みません)等、病院以外の医療機関は全部合わせて1,3%・・・

ちなみに病院の総数が17万院ちょい、整骨院は4万8千院と、数はそこそこ多いものの、医療費で言えば100:1くらい規模が違うのですね。

まとめ

保険は、日本国民全員が使える凄い制度

お金に限度があるので、命に係わるものに優先的に使われる

入院手術のないけがや痛みは保証が薄いので、其の上でうまく使って下さい

 

 

 

投稿者プロフィール

院長
院長
けやきの森整骨院院長。
身体の動きや機能の話が得意
くせ毛と大柄なのに軽やかに動くからだが特徴。
ズボン破壊魔。
元読書家で歴史小説に目がない人。
少年・青年漫画限定で意味不明に詳しい