痛い場所が日によって変わるアレについて

ありませんか?痛い場所が日によって違うこと。

これって何なんだろうというお話をしたいと思います。

重症の場合

線維筋痛症という病気があります。こちらから引用

全身や広範囲が痛み、またある部分だけが痛むことがあります。
その痛みは軽度のものから激痛まであり、耐え難い痛みであることが多いです。痛みの部位が移動したり、天候によって痛みの強さが変わったりすることもあります。痛みが強いと日常生活に支障をきたすことが多く、重症化すると、軽微の刺激(爪や髪への刺激、温度・湿度の変化、音など)で激痛がはしり、自力での生活は困難になりますが、重症化する前に早めに受診して対策することが必要です。
随伴症状として、こわばり感、倦怠感、疲労感、睡眠障害、抑うつ、自律神経失調、頭痛、過敏性腸炎、微熱、ドライアイ、記憶障害、集中力欠如、レストレスレッグス症候群などが伴う事もあり、症状は個人差があります。
中には、リウマチや他の膠原病に伴って線維筋痛症が発症している場合もあります。
痛みによって不眠となりストレスが溜まり、それがまた痛みを増強させる場合もあると考えられています。
死に至る病ではありません。
線維筋痛症は男性よりも女性に多く、中高年の方に多い病気です。そのため自律神経失調症や更年期障害、不定愁訴などど他の病気と診断されることも少なくありません。
現在人口の1.66%、約200万人の患者がいるのではないかと疫学的に発表されています。

耐えがたい痛みがずっと続いている場合は、これかどうかを調べておくとよいので、診断を受けることをお勧めしています。

ただ、自律神経失調症や更年期障害と間違われるケースもあるので、線維筋痛症の対応が整っている病院のほうがいいかもしれませんね。

一応線維筋痛症学会というものがあるようですが、まだ学術団体として機能してない感じがあるので、リンクは張らないでおります。

もう少し緩やかな慢性痛の場合

線維筋痛症ほど耐え難い痛みがない場合、筋筋膜性疼痛症候群ということも考えられます。

ウィキペディア先生から引用すると

体の特定部位に疼痛を発生させる。時にその痛みは歩行、座る事、立つ事など日常生活を困難にするほどの強い疼痛になる事がある。痛みの種類は人や時により異なるが、焼けるような、刺すような、うずくような痛みとして例えられている。また、時間の経過とともに痛みの種類、場所が変化する場合もある。

激しい運動等の過負荷により筋肉が微少損傷を受けた場合、その部分の筋肉が収縮して、一般に言う筋肉痛の症状が現れ、通常は数日から数週間で自己回復する。しかし、回復の過程でさらに過負荷をかけたり、冷やしたりして血行の悪い状態にすると、この収縮が元に戻らなくなり、筋肉が拘縮状態になり痛みを発生し続ける。この状態を「索状硬結(さくじょうこうけつ、Taut Band)」または「筋硬結(きんこうけつ、Muscle Knots)」と呼び、索状硬結部位へ物理的に力を加えると強い痛みを感じる事から、この状態の部位を圧痛点 (Tender Point) と呼ぶ。

この病気の特徴の一つに、痛みは索状硬結部位だけでなく、その部位をはじめに周辺まで広い範囲に疼痛を発生させるという点がある(関連痛)。圧痛点の中で物理的に力を加えると周辺部まで強い痛みを感じさせる圧痛点を特にトリガーポイント(発痛点)と呼ぶ。例えば、腰の横の部分にある小臀筋に発生したトリガーポイントは、足全体に疼痛を引き起こすことがある。疼痛の感じ方は人それぞれであり、同じ人でも時間の経過と共に、疼痛の種類、疼痛の部位が変化する場合もある。

そこまでつらくないけれども日によって痛い場所が変わる…の場合

上記のような状況ではないという前提で考えると、こちらに関しては、以下の要因が考えられます。

・血流が悪い、酸欠系

→血流が悪い、酸欠を起こしている場所が痛み刺激を起こしている

・ちょっとした不調がローテーションしてる系

→一個一個のダメージは大したことがないので、Aが良くなったらAがBの症状を下回るためBの症状が気になる

Bの症状がすぐよくなった時に、CやDがあればそちらが感じる。

これらの場合は、病院でみても原因や対処がよくわからないケースがあります(病気ではないため)。

そういう時に、手技療法系の施術所や治療院がお役に立てることが多いです。

 

症状別:どこに行ったらいいか

※一般的な技能は個人差があるため、法律上の区分としてご理解ください。

常に激痛・・・病院(ペインクリニックの方がよいと思われる)

常に痛い・・・病院で診断後、異常がなければ整骨院、鍼灸院、マッサージ院

別段どこも痛くないけど常に疲れている、だるい・・・病院、整骨院、鍼灸院、マッサージ院、整体院、リラクゼーションサロンお好み

※2病院以外は全額自己負担になります。

※3痛みの処置ができるのは病院、または整骨院などの国家資格者に限られます。また、病気の場合は病院のみ対処可能です。整体院、リラクゼーションサロンで痛みは病気の対処をすることは、資格の有無にかかわらず認められていません

まとめ

常に痛いのは甘く見ないほうがいい

検査は必須

検査して異常がなければ手技療法は有効

投稿者プロフィール

院長
院長4F整骨院 院長
4F整骨院院長
柔道整復師歴10年ちょい(国家資格)
趣味:読書(宮城谷昌光、歴史小説全般)、スポーツ観戦(野球:見るのは20年来広島、見てる時だけ勝てば良い派、サッカー、他メジャースポーツは守備範囲)
ズボンをよく壊す
整骨院のちゃんとした利用と、皆様の役に立つ情報発信に努めます。
たまに雑記も書くよ
お電話はこちら
タイトルとURLをコピーしました