生きるか死ぬかの議論より、その手前のことを考えたほうがいいって話

以前から感じていたことであったのですが、最近身内であれやこれやがあったので、より明確になった考え方について、形にしていきたいと思います。

よく聞く極論想定

居酒屋やカフェなどで、この手の話が周りの席から聞こえてきたことが何度もあるので、みなさんも聞いたことがあるかもしれませんし、もしくは話し手であったことがあるかもしれません。

「○○(何らかの病気など)になったら、私は延命措置はしない/する」

みたいなあれです。

友人には不思議と一人もいませんでしたが、同業者でもこの話を酒の席でしている人もいました。

基本的にこの手の極論と議論してもいいことがないので、よほど仲が良くても最低たしなめる以上のことはしないのですが、こういうのを意味のあまりない極論想定と言います。

事故みたいなあれは別ですが、病気などであれば、その前の段階がある場合が多いからです。

 

生きるか死ぬか以外のケースはどうするの?

この手の極論想定によく使われる病気として、ガンがあります。

「がんになったら私は延命措置(もしくは手術)はしない」

みたいなことであるのであれば、そもそも、

ガンは即死ぬものがすべてではない

の前提が抜け落ちている話になります。

がんの病期のことを知る :[国立がん研究センター がん情報サービス 一般の方へ]

とくに初期であれば、ほぼほぼ問題なく寛解することも多いのに、最終段階だけの話をするのは本当に意味がないと思いますよね。

実際はそれを踏まえた話であったり、単なるたわいない話ですよって言われたらそれまでなのですが、医療従事者やその周辺にいる人間が言う話としてはデリカシーにかける内容になります。

そして、そう言う人に、その前段階の準備をしているかと聞いたら、大体準備は出来ていないのです。

では、準備って何でしょうか?

必要な準備

・検査、検診

・保険など

・かかりつけ医の確保

このあたりを済ませておくことが重要かと思います。

とくに医療費は結構かかります(減額制度はありますけれど)。

また、保険系は適用条件で見たほうがいいので、安い一択だと悲しい目に合うことがあります。

定期的に検診や検査をしておくのも非常に重要です。

生き死にのラインに行く前に防げるものもかなりあるので、健康でいる時間が長くいられるようにできるとよいと思います。

 

投稿者プロフィール

院長
院長4F整骨院 院長
4F整骨院院長
柔道整復師歴10年ちょい(国家資格)
趣味:読書(宮城谷昌光、歴史小説全般)、スポーツ観戦(野球:見るのは20年来広島、見てる時だけ勝てば良い派、サッカー、他メジャースポーツは守備範囲)
ズボンをよく壊す
整骨院のちゃんとした利用と、皆様の役に立つ情報発信に努めます。
たまに雑記も書くよ
お電話はこちら
タイトルとURLをコピーしました