当院に来る数は少ないが、確実にそういう人はいる

交通事故の広告を出していたり、のぼりを出している、そんな整骨院多いですよね。

当院もグループ院だった当時、出していた時期がありました。

それを出すのが不適切だという事を教わる機会があったため、そこから脱却できて本当に良かったです。

その時のサイトには、その記載がなかったのですが、

整骨院では、交通事故の後遺症の治療ができるらしい

と思ってしまいかねない表現をしたサイトが結構あるようです。

人は、出来ると思っていたものが出来ないと、非常にストレスを感じます。

具体的には、間違った知識をよそが植え付けて、当院が人でなし扱いされます(涙)

というわけで、これ以上紛らわしい記述で実害が出ないような解説をしたいと思います。

※当院(というか整骨院全般)は弁護士でも無い為、法律やお金に踏み込んだ記載は致しかねます。

紛らわしいので結論を先に

整骨院では、皆様が希望すれば、交通事故の後遺症に対して、筋肉や関節の問題であれば施術は出来ます。

ただし、自費施術になります

健康保険は使えないと思って頂いて結構です。

何故交通事故の後遺症で保険が使えないのか?

これは、後遺症だからです。

後遺症(こういしょう)とは、病気・怪我など急性期症状が治癒した後も、機能障害などの症状や傷痕が残ること。(wikipedia)

一般的な病気、怪我が治った(医学的には)とされた後の症状だからです。

治ったものに健康保険は使えません。

後遺症と後遺障害の区別がついてない人が多いかもしれない

後遺症と後遺障害というのがありまして、状況が異なります。

どちらにしろ、一般的に交通事故としての取り扱いが終わった後の話なので、後遺症の治療、と聞くと、「?」となる人、正解です。

基本的には後遺症、後遺障害の前の段階で施術を受け持つことの方が多いです。

しかし、もちろんその後の段階での施術をすることもあります。

私は法律の専門家でないので、これ以上の説明は差し控えますが、同業者で興味がある方は、ここで教えてもらえます

何が紛らわしいって

こういう表記をしているサイトの大部分が、実際に後遺症や後遺障害になる前の時期の集客として、この表記をしているのが紛らわしいです。

しかし、患者さんは文字をそのまま見ますので、例えば示談が成立した後とかに、

「整骨院で後遺症診てもらえるって見てきたんですけど」

と、そういうこと書いてない当院に来ちゃうんです。

で、自費とか言ったとたんに怒られるっていう

理不尽!

ということで、そのような事象が少しでも減るように記事にしてみました。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

同業者の方へ

何が問題かがわかるこの勉強会に参加してみてはいかがでしょうか?

 

投稿者プロフィール

院長
院長けやきの森整骨院 代表
けやきの森整骨院院長。
柔道整復師歴10年ちょい(国家資格)
身体に役立つ情報と、整骨院の本来のルールを発信し、間違った利用(肩こりで健康保険など)をなくし、筋肉、骨の専門家として整骨院が信頼されるよう取り組んでいる。
2017年ズボン3本破壊、チャック一回破壊(不可抗力)。
元読書家で歴史小説に目がない人。
少年・青年漫画限定で意味不明に詳しい。
同名の整骨院の活動には関与していません