去年今年と、自粛中に多かった症状について

自粛期間中に多かった症状四選

21日に関東圏も近習事態宣言解除になりそうですね。

2回延長して、去年よりも長い事、生活に制限がかかりましたが、去年、今年と共通で見られた症状(あくまで当院の臨床上)についてお伝えしていきたいとおもいます。

 

かぶれやすい

一番多かったのがこれで、今までテーピングでかぶれたことがない人が急にかぶれたり痒くなるという事例が多発しました。

さすがに酸素飽和度が劇的に低下とかそういうのはないと思うのですが、マスク生活+外出が犯罪化のような気風による運動量の低下により、皮膚レベルでの酸欠的なものが起きていることが考えられます。

ニキビ、吹き出物、アトピーの悪化などもここに含みます。

 

ケガじゃない痛み

なんかどっかしら痛い、という訴えが増えた印象です。

元々自費のメンテナンスでいらしてる方はそうでもないのですが、久しぶりの方に多かった印象です。

別段何をした覚えもなく、痛いんだよねーという感じです。

 

ストレス系の症状

去年より多かったのがこちら。

去年はなんやかんや、一月我慢すれば感があり、まあそこから伸びたのですが、そこまでの感じがなくてという状況でしたが、今年はこちらの反応を強く感じました。

心療内科の受診も増えているようで、

新型コロナウイルスでうつ病が増加?症状や対策とは - 品川・大田区の大森駅前「マオメディカルクリニック」- 内科・皮膚科・泌尿器科・精神科・心療内科・男性更年期外来・認知症サポート
(マオメディカルクリニック 院長 植月 俊介 監修)「最近、気分の落ち込みが激しい」「仕事や家事が手...

なんかこんな感じの記事も多く見られました。

具体的な事例は守秘義務があるので書きませんが、全体的な所感として共有します。

学生の子の歩き方問題

歩き方に問題を抱えている率が例年より非常に高かったです。

中々ショッキングな状況も散見され、思春期、成長期の子供にとって、この一年が影を落としまくったのかなと暗い気持ちになりました。

 

対策

屋外活動を増やすことが第一だと思われます。

同一の密閉空間に密集しない限り、さほどリスクはありませんし、20時以降がなんか悪いみたいな話になっていますが、最も密集し、最も感染リスクの高い年代の方がいない時間でもあるので、日中仕事で難しい方は、夜少し散歩するだけでもいいのかなと思います。

まだ世の中が前向きな気持ちになっていない+来年の冬も同様の騒ぎになっていない保証はないので、今のうちから肉体的、精神的に準備しておきましょう。

また、当院では、それらの悩み等がある方は、申し出ていただければお話を聞くという事をしていますので、気がふさいだ方はお気軽にお声掛けください。

守秘義務があるので外部漏洩はありません

投稿者プロフィール

院長
院長4F整骨院 院長
4F整骨院院長
柔道整復師歴10年ちょい(国家資格)
趣味:読書(宮城谷昌光、歴史小説全般)、スポーツ観戦(野球:見るのは20年来広島、見てる時だけ勝てば良い派、サッカー、他メジャースポーツは守備範囲)
ズボンをよく壊す
整骨院のちゃんとした利用と、皆様の役に立つ情報発信に努めます。
たまに雑記も書くよ
お電話はこちら
タイトルとURLをコピーしました