治療院界隈って、他業種同業種の悪口を言う人がそこそこ目立ちます(数が多いと言ってるわけではないです、目立つって話です。声でかいから)。

では実際どうなんざんっしょっていうのは、見てわかることもあれば、やってみないとわからないこともあります。

割と前の話ですが、現場でどうこうに興味があったので、リラクゼーションサロンで少し働いてみました。

仕事の後夜中・・・だったのできつかったです、はい。

現在はやっていないのと、ある程度時間が経過したので、実録記事にしておこうと思います。

どこで働いたのか?

具体的に社名は伏せますが、大手チェーンの一つです。

おおまかに、固定かスポットか選べて、固定のほうは昇給があり、スポットのほうは昇給はなし、ただし指名料は自分で設定して別途もらえる、という感じのところでした。

報酬は歩合なので、誰も来なければ一円ももらえません。

また、指名がない場合の方が来たときは、順番に入ります。細かいルールは別途ありますが、割愛。

料金はいわゆる格安の部類のところです。

リラクゼーション業に登録している業者なので、ある程度コンプライアンスはしっかりしていると思われます。

リラクゼーションってなに?と聞かれたらば

って感じ。

登録即現場!とはいかんぜよ

孟子右近だからその日から働ける!とはさすがになりません。

いくつかある研修施設に出向いて、実技指導を受けて、一定水準以上の施術が提供できると、研修施設側で判断されてから本契約、それまではひたすら研修になります。

これ系の会社がすべて同じかは不明ですが、ひどいところになると、〇日が最大で、あとは現場で、というところもあるようです。

研修施設には、2週間以上通っているという方もいらっしゃいました。

普段、リラクゼーションサロンで要求されるような類の手技はやっていないので、どうなるかと思いましたが、

即合格

となりました。ここで時間食うようだと、やっぱやーめよって感じだったので、よかったよかった。

大手の禁止事項

リラクゼーション業に登録しているリラクゼーション全般がそうなのですが(国が基準を定めています)、

・ひじから上の部位での施術を禁止

・痛みを伴うレベルの強い施術は禁止

また、事故が多いため、極力ひじを使った手技は行わないよう促すポスターが貼ってありました。

長年やっていて、技術に自信があったり、なんかあったときに数百万円レベルの補償をする覚悟がある人を除くと、ここは守るべきルールなので、妥当なところかと思います。

逆に、ここ守らないところは自己責任でいくべし

届け出がないところは監督省庁がないので、基本は自己責任になります。

さすがに大手チェーンともなると、リラクゼーションとマッサージを混同する人もほぼいませんでした。

実際働いてみると

やはり決まりごとがかなり多いな、というのが印象です。

歩合ということもあって、皆さん一人でも多く入りたいですから、全員で守るルールをしっかり作って、そこは平等にというところのようです。

施術自体はあまり縛りがないようで、結構皆さんバラバラなことをしている印象でした。

また、深夜帯で働いていたというのもあったかもしれませんが、わりかし施術者に対する暴言の類も目立ちました。

価格帯の影響かはわかりませんが、利用者の言うなりにやられされている局面も目立ち、例えば

・ほかの場所やらないでいいからずっと腰揉んどけと言われる

・首の施術が刺激が足りないので、肘でやれと言われる

などが散見されました。

治療院ではあまり見ない光景だったので、なかなか新鮮でしたね。

そういう人にあたってしまった時、体を悪くするとわかっていう事聞くかどうかで悩んだのですが、ここで生きてくわけでないので、こざかしい対応をしてしまいましたが、むしろ新鮮だったようで、喜んでもらえてよかったです。

来ている人の誤解、施術者の憂鬱

やはりマッサージと誤認している人も多いみたいです。

また、値段が安い店だけなのかもしれませんが、黙って従え的な態度で施術者に接してる人が、何日かしか見てませんが2時間に1人位いたのが印象的でした。

また、施術者側も、「どうしましょうか、強さはいかがでしょうか」と、お伺いを立てる感じの対応が多かったように思います。

個人的には、伺いを立てる→利用者側に裁量を促される→そうなると自分のいいように言うしかない→体にいいかは別

となるので、「身体の感じ的にはこうですが、あわない、いやな感じがしたら言ってください」

くらいの方が、プロっぽくていいのかなと思いますし、

どうしますかって聞かれたら、逆に不安になります。

唯一、一人だけ指名ガンガンとっていた人は、対等に接していた感じなので、本来その方がいいように思いますが、人を癒す仕事って大変だなと感じました。

また、そういう人の予約の入り方を見ていると、週2~週3くらいで同じ人を施術している感じなので、なんやかんや平均2,5/週と計算すると、

週8000円平均の施術代がかかる計算になるので、なんやかんやする感じになりますね。

強い刺激を受け続けてかえって筋肉の耐久力がごにょごにょ

値段の安いリラクゼーションを利用する際の注意事項

・経験のピンキリ感はすごい

・研修はしっかりやっているが、いってもキャリア○日とか、○週間の人にあたることがある

・指名可能なところに行く方が無難(指名料が別途かかるとなおよい)

・利用側に裁量(強さ、やる場所)が与えられていることが多いが、自分で提案してくる方が本来良い

・相手が言いなりでも、首だけ30分とか、首に肘とかやめた方が良い

働いてみた感想

思っていたよりしっかりしていた部分と、値段が安くて大量雇用するとこうなるってことの両方が垣間見れました。

治療院と違って、完全受け身な業種なので、働いている人のストレスもえぐいように感じました。

値段が安い方が、クレームの類が多いっていう話は聞いたことがありましたが、見聞した範囲では真理のように思います。

コンプライアンスは割と守られているので、リラクゼーションの方でマッサージ連呼したりするようなことはなく、そこは安心できる要素です。

何なら未経験者が即出来る整体より、受ける側のリスクは低いかもしれません。

結論

医療従事者として頑張ります。

 

 

 

 

投稿者プロフィール

院長
院長4F整骨院 院長
4F整骨院院長
柔道整復師歴10年ちょい(国家資格)
趣味:読書(宮城谷昌光、歴史小説全般)、スポーツ観戦(野球:見るのは20年来広島、見てる時だけ勝てば良い派、サッカー、他メジャースポーツは守備範囲)
ズボンをよく壊す
整骨院のちゃんとした利用と、皆様の役に立つ情報発信に努めます。
たまに雑記も書くよ