柔道整復師。

整骨院で働いていますといっても、ストレートに資格を言っても全く認知がない奇跡の資格。

整体師と間違われ

マッサージ屋さんと間違われ

ごくまれに整形外科とごっちゃになる。

と、多方面に微妙に迷惑をかけている資格の認知問題の対策を考えた結果、

そもそもどんな資格だっていうことを認知してもらおうと思い、

いつが源流で、どのくらいの歴史があるものなのかをお伝えしようと思います。

ややこしくなるので、保険がどうとかの話は本稿ではすしないものとします。

源流は10世紀

厳密には、柔道整復という概念はここにはありません。

「医心法」という書物を、当時の鍼博士が天皇に献上し、その中にある、

骨折や脱臼、打撲に関しての記載があります。

これが源流と考えてよさそうです。

江戸時代

東京有明医療大学のサイトから引用します。

大坂の高志鳳翼が延享三年(1746)に『骨継療治重宝記』3巻を発表し、これが日本における最古の整骨専門書と考えられています。 本書では『瘍科証治準縄』(1601)をはじめとする10種以上の中国医学書が引用されており、彼の整骨術が中国の影響下にあったことがわかります。 江戸後期にはオランダ医学書の影響を強く受けた形で整骨術が現れます。 その代表的な例が華岡青洲で、「華岡青洲整骨秘伝図」、「春林軒治術識」などが今日に伝わっています。また精巧な木製模骨を数多く残し、 名著『整骨新書』を著した各務文献、同じく名著『正骨範』を著した二宮彦可などが整骨術で優れた業績を残しました。

「整骨術」という伝統医療として世に現れます。

なので、1700年代くらいから継投だった成立した医療と考えるとよいかと思われます。

鍼灸先輩、あざっす。

明治、一度滅ぶ

明治時代に入ると、医療は西洋医学を取り入れて大きく進歩します。

逆に、鍼灸を含めた伝統医療は後退してしまい、明治27年(1894年)に一度滅びました。

その後大正期に入ってから、嘆願運動的なことが行われて、

また引用すると、

大正9年(1920)の内務省令「按摩術営業取締規則」の改正で、付則の中に柔道整復術に関する記載が盛り込まれ、柔道整復術は法的根拠を 得ました。運動の目標は十分に達せられたとは言えませんでしたが、同じ年に警視庁にて第1回柔道整復師試験が実施されました。

26年後に復活。

りぼーん!

終戦後、灰の中からよみがえる

1947年太平洋戦争終結後、大日本帝国憲法はすべて無効となり、その後

あん摩、はり、きゅう、柔道整復等営業法

が制定されました。

その後、1970年に、鍼灸・あんまと分離して、単独で

柔道整復師法

が制定されました。

ちなみにまだこの段階では、国家資格ではありません。

1993年から正式に国家資格になっています

それまでは都道府県知事資格だったため、各都道府県で試験をやっていました。

とある県の試験で落ちた人が、別の件で受けて受かるという荒業もあったみたいです。

現在では全国同一日に実施するため、そのようなマシンガン作戦はありません。

業務範囲(やっていいこと)が決まった!

1976年になると、養成学校のカリキュラムが策定されます。

ここで、法律的に柔道整復師(整骨院)の業務範囲が定義されました。

再び引用します。

この年に柔道整復師養成施設における指導要領(カリキュラム)が定められ、教育内容が明確化されます。 また柔道整復師の業務範囲についても骨折、脱臼、捻挫、及び筋腱などの軟部組織損傷に対する施術とし、柔道整復術の内容についても整復・固定・後療法 (手技・運動・物理療法)として明確に記述されるようになりました。

この辺に来るとピンとくる人もいるかもしれません。

整骨院の健康保険の適用となってくる部分です。つまり、

・骨折(骨の損傷)

・脱臼(関節、骨の損傷)

・捻挫(関節と、そこについている筋肉や靱帯の損傷)

・打撲(物理的にぶつけたことによる筋肉、間接、骨の損傷)

・その他筋肉全般の損傷

という部分です。

1976年、明確に、柔道整復師とは、

筋肉、関節、骨に関する国家資格

として定義されました。

そして現在へ

その後養成機関が激増し、整骨院が激増して今に至ります。

どちらかというと、伝統医療としての側面が強い鍼灸よりも、整骨院のほうは西洋医学を近年は取り入れている傾向です。

その結果、施術根拠、理論という面では大幅に進歩しましたが、いろんな職業と区別がつかなくなったのかもしれません。

しかし、これだけ数が増えたにもかかわらず、いまだになんのこっちゃわからない資格として存在していることが、中々微妙だったりします。

とりあえず、簡潔にまとめておくので、それだけ覚えて帰ってください。

まとめ

1000年超の伝統医学

伝統医学と西洋医学のいいとこどり(を目指している現在)

筋肉、骨、関節のプロ

投稿者プロフィール

院長
院長けやきの森整骨院 代表
けやきの森整骨院院長。
柔道整復師歴10年ちょい(国家資格)
身体に役立つ情報と、整骨院の本来のルールを発信し、間違った利用(肩こりで健康保険など)をなくし、筋肉、骨の専門家として整骨院が信頼されるよう取り組んでいる。
2017年ズボン3本破壊、チャック一回破壊(不可抗力)。
元読書家で歴史小説に目がない人。
少年・青年漫画限定で意味不明に詳しい。
同名の整骨院の活動には関与していません