もんでもたたいても、何とか療法でもよくならない肩こりの場合、物理的な問題のほかに、何か問題が起きていることがあります。

ストレス。

今日はストレスがもとで引き起こされているかもしれない肩こりについてのお話です。

イライラすると良くないぜよ

イライラすると、血圧が上がり、肩に力が入ります。

力が入るという事は、常に血管や筋肉が締め付けられている状況が発生します。

肩に力が入って、頭が後ろに行くことはあまりないので、まあ大体頭が前に行きます。

スタッフに怒られて肩に力が入る人の図

そうなると頭を支える首と肩の筋肉がぐいーんと引き伸ばされていますよね。

ぐいーんと引き伸ばされているという事は、筋肉がずっと使われているという事です。

特に肩は、力んだ挙句引き伸ばされているので、かなりの負担といえます。

ストレスは大きく分けて2つあります。

能動的ストレスと受動的ストレスです。

能動的ストレスは、自分がやりたいことが出来ない、うまくいかない系で、受動的ストレスは、人から受けるストレスになります。

発散法は人それぞれで、やけ食い、やけのみをする人、周りに愚痴る人、衝動買いをする人などありますが、肩こりなど、体に出てしまうと辛いですよね。

さて、どうしたらいいでしょう?

発散法を考える

やけ食いやけのみは体を壊し、衝動買いは財布を壊し、周りの愚痴が度が過ぎると人間関係を壊します。

となると、発散の方法は考えていかなければいけないですよね。

ここで、特に定期的、常に襲ってくるストレスのメカニズムを考えてみましょう。

例えば、自分の嫌いな人が何か言うと、カチンときたりいやな気持になりませんか?

やりたくない仕事を明日しなくてはいけないとなると辛い気持ちになりませんか?

つまり、ストレスは条件でも発生します。

という事は、リラックスをする方法を自分で作ってしまうことが重要です。

一番の特効薬は?

ないです

同じストレスと同じ寮で受けてる人はあまりいないと思うので、万人にあったこれという方法は、今現在ありません。

これをやれば万事解決!というのはないのですが、いくつか対策を書いておきたいと思います。

これは自分にはできないから無理

やりたくない

という方、別に強制しているわけではないので、もしいいのがあったら試してみて下さい。

紙に書いてみる

ストレスの要因と思われるものを、紙に書き出してみます。

意外と形にしてしまえばすっきりすることもあります。

また、明確にすることで、対策が浮かぶこともあるでしょう。

その紙を破いたり、丸めて捨てるという行為ですっきりする人もいるかもです。

みんながいじめると紙に書いて捨ててみました。

再度正座の刑です

声に出してみる

先ほどの奴の音声版です。

何なら複合してもいいかもしれません。

どうでもいいことを考えるゲーム

結構頭を真っ白にして・・・的な話になることも多いのですが、それが出来てたらそもそも・・・という話なので、むしろ逆を行きます。

どうでもいいことだけ考えましょう。

ルールは三つ。

・お金

・人間関係

・仕事のことは考えません。

思いついたことを次々連想します。

書き出してもいいし、声に出してもオッケーです。

ちょっとやってみますね。

ふきのとう→ひらがな→女文字→ネカマ→紀貫之→土佐日記→土佐藩→坂本龍馬→明治維新→文明開化→すき焼き→肉→食べたい→スイカ→食べたい

ここまでざっと2分ですが、同じワードが繰り返されたり、何も浮かばなかったら終了。

続いても3分くらいで終了です。

常にこういうことをやっていると、

こうなります。

リラックスの儀式をつくる

ストレスが条件づけられるなら、リラックスも条件付けられるはずです。

一日のルーティンの中に、リラックス出来る習慣を作るといいと思います。

とはいえ、最初からはうまくいきにくいと思いますので、最初は練習がてら。

・好きな音楽を聴く(夜はゆったりめ、朝は元気のいい奴でも)

・好きな本を読む

・遊びに行く予定を立てる(2週間~3週間に一度くらい)

などでよいのではないでしょうか。

慣れてきたら儀式をするのも良いかもしれません。

・会社用の携帯の電源を切る

・お茶をちゃんと入れて飲む(急須から)

・謎の舞をひとさし舞う

など、何らかのルーティンでいいと思います。

なんでもいいので、ぬいぐるみの頭をなでてもいいですし、掃除をするのも良いでしょう。

まとめ

リラックスも条件付けできる

無理なくやってみよう

正座して足がしびれた

 

投稿者プロフィール

院長
院長けやきの森整骨院 代表
けやきの森整骨院院長。
柔道整復師歴10年ちょい(国家資格)
身体に役立つ情報と、整骨院の本来のルールを発信し、間違った利用(肩こりで健康保険など)をなくし、筋肉、骨の専門家として整骨院が信頼されるよう取り組んでいる。
2017年ズボン3本破壊、チャック一回破壊(不可抗力)。
元読書家で歴史小説に目がない人。
少年・青年漫画限定で意味不明に詳しい。
同名の整骨院の活動には関与していません