肩こりで健康保険が使えることは絶対ないのか、を今日は開設したいと思います。

後半は同業者の方へ提案にもなりますのでご一読ください。

結論

あるけど治療には使えない

というのが結論になります。

どういうことかというのを解説しますね。

何故肩こりで保険が使えても治療ができないのか

いつも通り厚生労働省のサイト文言をのせます。

柔道整復師の施術を受けられる方へ

保険を使えるのはどんなとき

  • 整骨院や接骨院で骨折、脱臼、打撲及び捻挫(いわゆる肉ばなれを含む。)の施術を受けた場合に保険の対象になります。
  • なお、骨折及び脱臼については、緊急の場合を除き、あらかじめ医師の同意を得ることが必要です。

治療をうけるときの注意

  • 単なる肩こり、筋肉疲労などに対する施術は保険の対象になりません。このような症状で施術を受けた場合は、全額自己負担になります。

 

 

明記されてますね。

施術は保険の対象になりません

つまりどうあっても肩こりの治療はできないということが確定しています

ではなぜ保険が使えるのか?

それは初検料です。

そもそも保険が使える症状かどうかは、施術者が検査してみないと判断が付きません。

自称肩こりで別のところを痛めていたり、病気の兆候があって病院に行くことを勧めたりというけーづもあります。

正確なところはみないとなにもいえないんですよね。

神の目がある場合は別だ。

ではなぜもめるかっていうと、肩こり使えますか?使えませんか?って二択を迫られたら使えないと回答するしかないからなんですね。

まず見せてもらったほうが確実なんですよ

で、保険の症状じゃなかった場合でも、初検料は算定できます。

ケガの状態は確認できなかったということを報告するわけですね。

その分の料金にはきっちろ保険が適用されますので、ご安心ください。

そもそも患者さんが何故肩こりで保険を使いたがるのかを考察してみる

どこかにいくということは、何とかしてほしいという希望があることは明らかなのですが、なぜ保険にこだわるのでしょうか?

・保険が安いと考えている

・自費が高いと考えている

・よくわからないものにお金を出すのはいやだ

この辺りのことが考えられます。

その辺は昨日まとめてみました。

何故、整骨院に来る人の一部は肩こりで保険が使えるか聞くのか?を考えたら奥が深かった

自分が良くなるかわからないものに対して高いお金は払いたくない、でも見てほしい

という心理が働いているのであれば、施術者としてのできることはなんでしょうか?

無理やり保険を使う!ではなく

もちろん、肩こりに無理やり保険を使って施術をおこなうのは違法です。

しかし、この症状はなんなのか、どうしたらいいのかを伝えるためには検査は必要です。

となれば、その段階までは健康保険を視野に入れて対応してもいい気がします。

そのうえで、やはり単なる肩こりだとしたならば、自費の施術を勧めればよいと思います。

患者さんからしても、なんでも自費だ!といわれるより、まず検査をちゃんとしてもらって、底の部分だけでも保険適用であればまあ納得する部分も出てくるのではないでしょうか?

そのうえでどうしても保険を使ってくれないと嫌だと言われた場合は、病院に紹介すればよいかと。

※病院でも純粋な肩こりに対して治療は違法になります。やはり検査だったり、薬は出せることがあります。

というわけで、肩こりで保険が使える部分についての記事は以上になります。

以下は同業者向けの補足記載になりますので、同業者以外の方は読み飛ばしていただいて結構です。

 

整骨院側がこの処理をしておくべき理由

・肩こり宣言をして保険証を提出

・ほかでは肩こりで保険を使えたと言われて保険証を出される

これが整骨院側からすると困る案件で、保険適用にしてしまうと違法行為ですし、断り方によっては風評被害がすごいです。

そもそも自覚症状と実際の症状が違うというのはよくあることなので、自称肩こりがどうかという問題には、直接見ないと断定できないというテーマが大きく立ちふさがります。

それらのリスクを排除できるという意味でも、やっておくといいと思います。

あとは、細かく書くことはやめますが・・・

不正つぶしにもなります。

機会があればやってみることをお勧めします。

まとめ

本当に肩こりなのかどうかの検査はできる

本当に肩こりなら保険での治療はできない

保険がどうとかより、よくしたいのと、なんだか知りたいってのが一番ですよね?

 

投稿者プロフィール

院長
院長4F整骨院 院長
4F整骨院院長
柔道整復師歴10年ちょい(国家資格)
趣味:読書(宮城谷昌光、歴史小説全般)、スポーツ観戦(野球:見るのは20年来広島、見てる時だけ勝てば良い派、サッカー、他メジャースポーツは守備範囲)
ズボンをよく壊す
整骨院のちゃんとした利用と、皆様の役に立つ情報発信に努めます。
たまに雑記も書くよ