肩こり=肩じゃない問題

肩こりがつらくて肩を叩いてみるものの、一向に良くならない、そんな経験ないですか?

いわゆる肩こりは、肩の筋肉が原因でないことも多いです。

では、どこが問題なのでしょうか?

頭の位置で負担が変わる問題

この図のように、極度に猫背姿勢である場合、頭が結構前に行っています。

ということは、頭が下に落ち込まないように筋肉で支える必要があります。

支えているのが背中側の筋肉になり、ここが常に緊張している状態が発生します。

それにより、肩の筋肉も引き伸ばされてこっている状態になってしまっているケースです。

この場合、肩の筋肉は二次災害になる為、背中の負担を減らす事をしないで肩だけ

もんだり叩いたりしてもなかなか効果が出にくいケースがままあります

ちなみに、もともとの形状がそうでなくても、このくらい頭が前に行っていると、

物理的にストレートネック状態になるので、首もめちゃくちゃつらいです。

前側の筋肉が縮んでいる場合

頭の位置によって後ろが伸ばされているお話は前段でしました。

では、前側はどうでしょうか?

色々な筋肉がありますが、全部やると長くなるので、一個だけ紹介します。

斜角筋という筋肉です。

こういうやつです。

頭の前についていまして、腕の神経なんかにも関与する筋肉です。

途中色んな動脈がありまくりでして、

こんなのがいろいろついてます。

こちら側の筋肉が縮んでいる、緊張していると、血管を圧迫しますので、

肩にも、ついでに腕の方にもいいことがなさそうな感じですよね。

ではどうしたらよいでしょう?

結局根本の原因は

まとめになってしまいますが、頭の位置が前すぎること、猫背状態になっている事、

前側の筋肉が縮んで後ろ側の筋肉が引き伸ばされている事、が主な原因になります。

これらを何とか解消していかねばならないのですが、じゃあどこがどうなって、というと

そこは人によってかなり症状が異なってくるので、ここだけやっとけばOK的なものは

あまりないのではないかと考えます。

腕が内側に巻いてる部分を治す必要がある人もいれば、立ってる姿勢の問題で、足から

アプローチが必要な人、逆に頭の部分にアプローチが必要な人・・・

全部な人もいます。

一つはっきりしているのは、自分で揉んで解消しない肩こりは、それ繰り返してるより、

他の方法を探したほうが良いという事です。

それを探してくれるいい治療院が近くにあれば相談してみてくださいね。

まとめ

肩こりは姿勢も影響

前側の筋肉も大事

場合によっては全身問題

 

 

 

投稿者プロフィール

院長
院長けやきの森整骨院 代表
4F整骨院院長
柔道整復師歴10年ちょい(国家資格)
趣味:読書(宮城谷昌光、歴史小説全般)、スポーツ観戦(野球:見るのは20年来広島、見てる時だけ勝てば良い派、サッカー、他メジャースポーツは守備範囲)
ズボンをよく壊す
整骨院のちゃんとした利用と、皆様の役に立つ情報発信に努めます。
たまに雑記も書くよ