公園は公共の場所だが、大人ヒドス

公園(こうえん)とは、公衆が憩いまたは遊びを楽しむために公開された場所(区域)。従って公共性の高い団体・組織によって供され運営されることが多い。対象となる場所は目的に適したように整備されるが、元々の自然状態を保つことが優先される場合もある。

歴史的に庭園や遊園地と重なるあるいは包含する概念である。(wikipediaより)

公衆が憩い遊びを楽しむために公開された場所なのですが、利用していると、どうも大人のやらかしが目立つように思いました。

公園によって異なるのですが、最近ひどい事例が多いので、少し考えてみようと思います。

注意書きが多い公園

・騒音禁止

・ボール遊び禁止

・キャッチボールはセーフだが野球禁止

・ペットの連れ込み禁止

・飲食禁止

など、結構注意事項が多い公園です。

全ての公園でボール遊びができるわけではないので、公園のリサーチは結構大事ですよね。

書いてないローカルルールがある公園

中には、禁止項目が入ってないのに、管理人、又はそれを自称する人が注意しに来る公園もあります。

ボール禁止されてない(はず)の公園で、しばらくすると遠くから煙草をくわえたおっさんがやってきて、

「ここはみんなが使う場所なんだよ、ボールはよそでやれ」

と言われた経験が何度かあります。

禁止されてないのではないか?と聞き返すも、禁止だ!の一点張りです。

こういうことをした時に、公園によっては周辺住民との協定でローカルルールがある場合があることを学びました。

しかし、腑に落ちないことが・・・

公共の場、喫煙多すぎ問題

足立区だけなのかもしれませんが、公園のベンチで喫煙をする大人が結構います。

一応禁止事項で書いてないところも多いのですが、すう場所がですね・・・

なぜか遊具の付近。

滑り台、奥のブランコまで結構副流煙が行ってます。

そしてグラウンドでは、自分の子供にくわえたばこで説教する人、ポイ捨てをする人。

そして子供は周りを見ながら遊んでいます。

何かあったらしっかり周りに頭を下げ、お礼を言ってます。

大人の方がマナー悪い気が・・・

もちろん子供だけの公園ではないけれど

大人は子供にルールを作り、従わせます。

大人が自分達に向けて作ったルールは少ないです。

好き勝手する大人にルールを強いられて、子供に立派に育てというのは無理筋ではないのでしょうか?

いい環境の公園ももちろんありますけど、結構こういう環境もあるという感じなので、

気を付けないといけませんね。

 

 

投稿者プロフィール

院長
院長けやきの森整骨院 代表
けやきの森整骨院院長。
柔道整復師歴10年ちょい(国家資格)
身体に役立つ情報と、整骨院の本来のルールを発信し、間違った利用(肩こりで健康保険など)をなくし、筋肉、骨の専門家として整骨院が信頼されるよう取り組んでいる。
2017年ズボン3本破壊、チャック一回破壊(不可抗力)。
元読書家で歴史小説に目がない人。
少年・青年漫画限定で意味不明に詳しい。
同名の整骨院の活動には関与していません