・病院ではこの症状は治せません

・根本からは改善し出来るのは○○院だけ!

・医師は痛み止めだけ!

・整骨院はマッサージしかしない!

などのあおり文言は、ちょっと煽り系のコンサルか、素人のWEB制作会社が作ってるんだろうと思いますが、事実との乖離がすごいのもそうですが、ものすごい違和感を常日頃感じていました。

整骨院もDISられてますが、同じことを病院にやってる整骨院もいます(悲しいことです)。

それがなぜなのか唐突にひらめいたので、備忘録です。

洗脳と一緒じゃね??

というのが結論です。

他に行かせないようにして、

自分に依存させて、

良くならなかったら本人の心がけの問題と説く。

だから嫌なんですね。

実際、以前いらしていた方が、久々に来院されていたことがあります。

普段いっている治療院が休みで身体がつらいので、とりあえず見てくれとのことでしたが、

その通っている治療院で、さんざん医師や整骨院の悪口を言われているそうです。

で、

そしたら、通っていたらだいぶ良い感じですか?ときいたら、

「あまりよくなっていません。でも、それは私がよくないそうです。私の行いが変われば劇的に聞く治療法って言われてます」

とおっしゃってました。

洗 脳 じゃ ね?

と思うのです。

もし、患者さんのためを思って、自分のやっていることに自信があるのであれば、

このように思う人も少なからずいると思うので、

他をあおる宣伝文句や、病院などの医療機関の悪口はやめた方がいいと思います。

良くならないことも当然あるじゃないですか。

そしたら、自分以外の人が見た方が良くなる場合もあるじゃないですか。

周りを敵にして選択肢を削ったりなんかせずに、患者さんの為なら各々得意分野で補い合って患者さんの役に立ちませんか?

以上、ポエムでした。

投稿者プロフィール

院長
院長けやきの森整骨院 代表
けやきの森整骨院院長。
柔道整復師歴10年ちょい(国家資格)
身体に役立つ情報と、整骨院の本来のルールを発信し、間違った利用(肩こりで健康保険など)をなくし、筋肉、骨の専門家として整骨院が信頼されるよう取り組んでいる。
2017年ズボン3本破壊、チャック一回破壊(不可抗力)。
元読書家で歴史小説に目がない人。
少年・青年漫画限定で意味不明に詳しい。
同名の整骨院の活動には関与していません