昨日今日と、整骨院や鍼灸院、マッサージ院のルールを整備する大事な検討委員会が一回潰れたあげく変な方向に行ってしまった記事を書きました。

国会で延々とモリカケガーガーやっているのを当事者はこんな感じでみているのかとしみじみ・・・

 

【整骨院】ガイドライン検討委員会の議事録をみて絶望した話【広告】

【整骨院】○○専門とか整体院をぶっ叩いてる暇があったら、広告の行く末を考えないと、全て台無しですぜ【広告】

でもたぶん実感がない人がおおそうで、整骨院に通われている皆さんもなんのこっちゃだと思うので、医師と同じくらいのレベルの広告ルールになった場合に

どうなるかを解説してみたいと思います。

ちゃんとガイドライン準拠なので、適当言うなと思う人はこれ読んでください。

やっちゃダメなことは何回か小出しにしてるのと、長いのでとりあえず後回しです。

医師準拠でやってよさそうな事

ちなみに、国家資格などの掲載は整体院だとダメなので悪しからず(保健所、厚労省確認済)

・施設に関する事(外観、内装)

・自由診療系の通知(内容や値段など)

・スタッフの年齢性別や人数・資格

※厚生労働省が定める基準を満たす団体が認める資格などの記載

・受付時間、予約可能住所、電話番号、サイトのアドレス

・保険取り扱い、労災など取り扱い

・学会や論文で客観性のある治療法の提示

なおこれらは音声でもいいようです。

これらが基本でプラスアルファとして限定解除条件を満たしていればOKって感じです。

限定解除はそのうち解説しようと思います。

広告可能要件①外観、内設備

院の外観写真や、設備などは広告してよいようです。

内装も良いようですが、著作権などには配慮が必要でしょう。

例えば、雑誌は写真などで載せるのは著作権でダメな場合が多く、著者が著作権フリーを明言している場合は別ですが(キングコング西野氏がよくやってます)、

ぬいぐるみなんかは所有権が勝るので、写真に載せる分には構わないと思います。

商標権やら著作権やらいろいろありますが、特にキャライラスト系は注意のこと。

その辺についてはコチラコチラがわかりやすいかと。

広告可能要件②自由診療系の告知

これは整骨院にとってもうれしい類のものですね。

現状本来ダメ案件ですので。

告知はOKでも、職業ごとの法律があるので、

整骨院なら筋肉、関節、可動域や姿勢関係(副次的に神経?←保証なし)

鍼灸院、マッサージ院ならWHO準拠の鍼の適応

という所に限ると思われます。

自由診療だ!(エステ)

自由診療だ!(歯のホワイトニング)

自由診療だ!(交通事故0円)

などはダメだと思われますので念のため。

広告可能要件③スタッフの人数やら

誰が居て写真はこんな感じみたいなのは問題ないかと。

ビジネスネームとかは、恐らく国家資格の名称と異なるのでだめだと推測します。

〇向井 敏恭:柔道整復師

×マルゲリータ・カンツォーネ:柔道整復師

ちなみに、厚生労働省が認める特定団体以外の認定資格は恐らく広告不可の可能性が高いかと。

→交通事故専門士、内臓専門整体師など

広告可能要件④受付関係

・受付時間

・定休日

・地図

・ウェブサイト

などは掲載可能です。

広告可能要件⑤保険取り扱いの有無

自由診療のみか、保険取り扱いかの区分は、ひどい表記でない限り掲載してよいと思われます。

広告可能要件⑥学会等で発表された治療法の効能

なのですが、ここら辺が整骨院界隈が厳しい所で、何とか療法が学会論文発表というのがあまりなくて(厚生労働省の認定学会的なもの)、

ここは実質今後がんばれ案件ですね・・・

つまり

載せていいのこんだけの可能性があります。

それだけに、ガイドラインの策定は整骨院にとってとても大事なので、無関心でいていいのですか?

今大事なのは、患者さんに煽り営業する事でも、そういう人をぶっ叩くことでもないですよ?

本当に大事な事はルール作りです。

 

 

 

 

 

 

投稿者プロフィール

院長
院長けやきの森整骨院 代表
けやきの森整骨院院長。
柔道整復師歴10年ちょい(国家資格)
身体に役立つ情報と、整骨院の本来のルールを発信し、間違った利用(肩こりで健康保険など)をなくし、筋肉、骨の専門家として整骨院が信頼されるよう取り組んでいる。
2017年ズボン3本破壊、チャック一回破壊(不可抗力)。
元読書家で歴史小説に目がない人。
少年・青年漫画限定で意味不明に詳しい。
同名の整骨院の活動には関与していません