コリ=緊張しているとすると

肩や腰が凝っている、張っている人で、辛い人が良くやりがちなのが、「強く押す、叩く、揉む」などの

ハイパワーな刺激です。

しかし、これは逆効果なのではないかと当院は考えます。

今日は、その理由も添えてコリを感じた人が強く押してはいけない理由について説明します。

1、力んでるところに力を加えるともっと力む

緊張している状態とは、力が入っている状態です。

そこに力を加えると、反射として力が入ります。

そうすると、実質押し合いが発生するので、辛い場所がさらに力む結果になります。

緊張を緩める目的で押したりなんだりしている人が多いと思いますが、このように、逆効果になる可能性があります。

2、押される感覚は鈍りやすい

人間の感覚の中で、触覚(触る感覚)圧覚(圧を感じる感覚)は鈍くなりやすいです。

触覚が常に鋭敏であれば、一日中来てるシャツの感覚に不快感を覚えることになりますし、圧覚が鈍らなければ、椅子に座っている感じが常に

のしかかってくる感じになります。

なので、この感覚は鈍くなることによって、ストレスなく生活できている側面があります。

なので、強く押していると、その感覚が鈍くなるので、どんどん刺激が強くなり、筋育に負担になる傾向があるという感じです。

3、他を庇って緊張していることがある

どこか別の場所に問題がある為、そこを庇って緊張していることがあります。

となると、その部分を強く押してしまうと、問題がある箇所に負担がかかって、かえって調子が悪くなることがあります。

なので、あまり強く押さない方がいいと思われます。

もし強く刺激したいならば

・施術時間をしっかりとる

・施術者の技量と経験を吟味する

です。

割と手技療法系は、最初とにかく強くって指導するところもあるみたいです。

理由は、効いてる感じがしないからっていうものが多く耳にしますが、技量がない人間がフルパワーを咥えるとどうなるかといいますと、

事故る

しかないわけであります。

強い刺激が好きな方は、そう言う施術者を探してみてください。

例えば当院だと、

マイルド

ややマイルド

ハード

鍼「は」マイルド

となっております。

 

まとめ

自分で押すのは良くない

誰もが強くやっていいわけではないし、経験の浅い人には要注意

他が悪いケースが悪化することがあるので、プロ以外は強く押さない

投稿者プロフィール

院長
院長けやきの森整骨院 代表
4F整骨院院長
柔道整復師歴10年ちょい(国家資格)
趣味:読書(宮城谷昌光、歴史小説全般)、スポーツ観戦(野球:見るのは20年来広島、見てる時だけ勝てば良い派、サッカー、他メジャースポーツは守備範囲)
ズボンをよく壊す
整骨院のちゃんとした利用と、皆様の役に立つ情報発信に努めます。
たまに雑記も書くよ