腰痛の85%は原因不明理論

腰痛の85%は原因不明という話を聞いたことがありますでしょうか?

最近情報発信している治療院などでよくみられる表現です。

レントゲンで骨の異常が見つかる、MRIで神経の圧迫が見つかる。

これが全体の腰痛の15%で、残りは、骨の異常がないもの、神経に圧迫がないもの

という形になります。

なぜか原因が全くないのに痛い、という話にすり替わっていることが多いので、それについては

昨日の記事で定義しています。

原因がわからないものはいわゆる腰痛症と言われるもので、それは変形などの原因で腰痛が起きてない、

という意味合いという事を整理しました。

変形については病院の治療が第一義に来ることは、現在の医療では否定できません。

では、残りのもの、変形で起きているわけではない腰痛について、今日は考えてみます。

変形以外の原因をつきとめる

変形以外に考えられる痛みの原因は、ざっとこんな感じでしょうか。

病院で検査をしてい異常がない前提で書き出してみます。昨日の記事との相違点として、

内科、循環器系の検査もしたという前提で書いてます(血流が悪くなって痛めているかの検査と、内臓の病気などで結果的に腰が痛いかの検査)。

後は整骨院・鍼灸院としての見解になりますので、知見がないものに対しては言及しません。

とりあえず現状は知見が無いので、スピリチュアル的なもの、精霊や宇宙に関しても除外しています。

筋肉の問題

整骨院として一番に考えるのは、筋肉です。

1)筋肉の損傷

2)筋肉の緊張によって痛みが出ている

という分岐はありますが、筋肉に対してアプローチというのは、変形がない以上は有効な方向性だと考えます。

1)のばあいは、比較的シンプルです。筋損傷が起きたという事は、特定の筋肉に負荷がかかって痛めた、という事です。

痛めやすい原因は別にあるかもしれませんが、痛い場所と悪い場所は基本的に一致します。

例えば肩を打撲したとして、この打撲の原因は根本的な部分のなにかガーみたいなことはありません

なぜなら、原因はぶつけたことだからです。

そして、特に2)の場合、どの筋肉が問題で痛みが起きているか、という事があります。

緊張系の場合は、痛い所が悪い、とは限らない

筋筋膜通症候群や、トリガーポイントによる関連痛の場合があります。

筋筋膜症候群とは、コチラから引用します。

 

  • 急性あるいは反復性の過負荷ストレス、筋肉の使いすぎによる帯状の凝り、圧痛関連痛

  • 筋肉の緊張が高まると、痛覚受容器が分布する筋肉や筋肉を包む筋膜に無理な力が加わって痛みを生じる。

  • また、筋収縮のために血管が圧迫されると、筋肉への血流の障害が加わり、ブラジキニンのような発痛物質やプロスタグランジンが産生されて痛みが強まる。

  • 筋肉の収縮が強まって攣縮に移行すると、なおいっそう、痛みが出やすくなる。攣縮が続くと、筋線維の一部が傷害されて、線維筋痛症になる。

 

筋肉が緊張して、痛みのセンサーが多い筋膜に無理な力が加わったことによって痛みが発生する症状のことです。

使い過ぎでも起きてくるので、ケガじゃないけどよく使う場所が痛い、という場合はこういうケースもあるのです。

一方トリガーポイントとは、wikipediaより引用しますが、

トリガーポイントTrigger point)とは、圧迫やの刺入、加熱または冷却などによって関連域に関連痛を引き起こす体表上の部位のことである[1]。トリガーポイントは単なる圧痛点ではなく、関連痛を引き起こす部位であることに注意が必要である。平たく言えば、患者が指摘する最も凝りの強い部位、あるいは痛みが存在する部位で、しかも圧迫により痛みが周囲に広がる部位と考えられる。トリガーポイントの留意点としては、疼痛を自覚している部位に多くは存在するけれども、かけ離れた部位に見いだされることもある点である。[2]

なお、トリガーとは「引き金」の意味である[3]。そのため、発痛点(はっつうてん)とも呼ばれる[4]

コチラの場合は、痛みが、痛みを訴える場所からかけ離れている部分の関連で出ている場合や、かけ離れた部分の治療が必要なことを

示唆しています。

↑のイラストでは、赤い部分を治療するために、緑の部分に刺激を与えます。

そうすると、赤い部分の痛みに対して効果が発揮されます。

平たく言うと痛みが減ったりよくなったりします。

その手段が手技であったり、鍼であったり、注射であったりします。

関節の問題

ここで言う関節の問題とは、変形とかではなくて、痛みセンサーがあるところの関節包の血行不良を指します。

関節包というのは、関節を包んでいる袋のようなものです。

そこが緊張により締め付けられたリ、ケガにより傷つけられると、痛みのセンサーが反応して、身体が痛みを感じます。

ケガであれば修復を早めるようにテーピングや電気治療器の類、又は運動療法を施します。

けが以外の締め付けによっておこる痛みであれば、痛みの原因としてはそこの関節が動きが悪い事、それによって締め付けられている事が考えられるため、

そこを緩めたり、温めたり、動かしたりします。

ケガでなければいろいな手段で動かしたり緩めたりして行けます。

当院であれば、

こういうのとか、

こういうのとか

こういうのです(1番上と同じ)。

も有効ですね!

皮膚の問題

皮膚にも痛みのセンサーは存在します。

また、服にしわが寄っていると体が動かしにくいように、皮膚の負担によっては

全体の動きも悪くなることがあります。

テーピングや鍼などが、特に整骨院では有効な施術だと思います。

環境やストレス的な問題

これについてはメディカルノートの記事から引用します。

腰痛の新規発生

慢性化

人間工学的要因(メカニカルな腰へのストレス)

 

●持ち上げ/前かがみ動作が頻繁

●25kg以上の持ち上げ動作

●20g以上の重量物取扱い

●介護作業に従事

(持ち上げ、前かがみ、ひねり動作が頻繁)

心理社会的要因(心理的なストレス)

●職場の人間関係のストレスが強い

●週労働時間が60時間以上

●仕事の満足度が低い

●働き甲斐が低い

●上司のサポート不足

●人間関係におけるストレスが強い

●家族が腰痛で支障を来した既往(病歴)がある

●不安や抑うつ、身体化(いわゆる自律神経失調症のような状態)

太字などはいじっていません、念のため。

働きすぎたり、人間関係などのストレス、心理的なストレスも腰痛の原因にカウントされています。

これらは全て医療機関で解決できるものではないですが、痛みを物理的な側面でみて、どうも解決しないな、という場合は、

これらの要因の中で、変えられるものから変えていく事も重要です。

変えられないものはとりあえず後回し

当院が考える、変形が原因でない腰痛

手術の必要がなく、骨、関節の見た目上の破壊もなく、病気の心配も(一応)少ない
原因もよくわからん、でも痛い。

こうなってきたら、
1、痛み=ケガでも病気でもない
2、ケガだが手術が必要ないレベル

ということになります。具体的には上で触れてきたような分類になりますと、当院が力になれるかもしれません。

当院は痛みのメカニズムに着目していかにして取り除くかを考え施術しています。

そして、その時の検査では異常がなかったが、後日やはり検査がいる事もあります。

 

その場合はしっかり説明もしますし、どの病院にいけばよいかもお知らせします、ご安心ください。

まとめ

変形以外にも痛みの原因はある

何が原因か見極めて治療

それでも病院の検査は大事

 

投稿者プロフィール

院長
院長けやきの森整骨院 代表
けやきの森整骨院院長。
柔道整復師歴10年ちょい(国家資格)
身体に役立つ情報と、整骨院の本来のルールを発信し、間違った利用(肩こりで健康保険など)をなくし、筋肉、骨の専門家として整骨院が信頼されるよう取り組んでいる。
2017年ズボン3本破壊、チャック一回破壊(不可抗力)。
元読書家で歴史小説に目がない人。
少年・青年漫画限定で意味不明に詳しい。
同名の整骨院の活動には関与していません