先日こんな記事を、僭越ながら書いてしまったので、発信をしていくことでのコツとメリットについてお伝えしていこうと思います。

【提言】「まっとうにやっている」皆さん、頑張って発信しませんか?

自分で発信していくメリットってあるんでしょうか?

控えめに言ってメリットしかないです(無料セミナーに誘導したりしませんのでご安心ください)

今日はそんなお話です。

資料になる

例えば、健康保険の決まりについて患者さんに説明しなきゃいけない状況があったとして、これが何回も続いたら、患者さんに引っかかってるポイントということが明確になると思います。

毎回1から10説明していてもいいのですが、時間がなかったり、言葉で言われるとピンとこないタイプの人もいます。

そしたら、前もってPOPなり、説明用のフリップを作っておいたほうが便利です。

日ごろから文字として発信しておけば、説明するPOPを作る際の必要要素はそこからコピペすればよく、あとは文字を削る作業になります。

実際、古巣の好意で、法律的にこれやってたらヤバいっすよ、この辺はこういうの理解しとくといいっすよこうざを4回ほどやらせてもらったのですが(元居たところだからできるのであって、講師としてやる気はないですし無理です)、日ごろから書き溜めていたものがあったおかげで、資料作成自体はかなり短時間で終わりました。

何なら印刷時間のほうがかかった会もあります。

アウトプットすることで、頭が整理される

この仕事を始めてから、人生初めて勉強を自分でするようになったのですが、そこで衝撃を受けたのが、

覚えたり、聞いたりできるけど、理解したり実践できない人が割と多い

ということです。

自分で言うのもなんですが、わたくし、物覚えと上達が悪いほうだという自負があります。

なかなかすぐに上達しませんし、暗鬼は大の苦手です。暗記を暗鬼とタイプミスしてしまうくらい苦手です。

別になんかのセミナーで最幸の志事で黄な教育を受けたわけではなく、タイプミスです。

話を戻します。

結構取りこぼしてて、周りの方に質問すると、用語なんかはすらすら出てくるんです、本当に尊敬します。

でも、次の機会の時に、「以前のあれ、やってみてどうでした?」と聞きますと、

「いやあ、なかなかやる機会がなくて・・・」

とかざらです。

そしてあの場ではあれだけ完璧に覚えていた内容も忘れています。

ちなみに、こういうことをしていると法律違反だから、サイトからこの表記消しましょう、とか、そのレベルの話に対する会話です。私2分でできました。

やるやらないの話になってしまいましたが、アウトプットをしていく癖がないと、聞いたこともどんどん忘れていきます。

忘れる前にどんどん発信していきましょう。

でも変なこと書いたら・・・という心配してませんか?

失敗したほうが身になるよ!

なかなかやらない、できないというのを紐解いていくと、

発信力に対する自己評価が低いとかいろいろありますが、変なこと言ったらヤダとか、失敗したくないみたいな心理も働くようです。

逆です。

失敗しないとうまくなりません。

そして、治療院業界の皆さん、治療の練習って、患者さんにやって失敗するとまずいですが、文章の失敗は、よほど個人攻撃や、公序良俗に反しない限りは問題ありません。

気が付いたら訂正して、改めていけばよいではないですか。

なんか仲間が増える

発信してると、なんか仲間が増えます。

しかも、どういうことをいうやつっていう部分の理解があるので、自己紹介があんまりいりません。

某勉強会に、受講生として出席してるはずなのに、なんかこちらの席まで来てもらって名刺もらったりしてびっくりです。

もはや初対面なのか前から面識があるのかわからない方もいますが、悪気はないのでごめんなさい。

こういう状況でつながった人たちは面白くて、いいねを強要したりステマぎりぎりのレビューを依頼してきません。

変な事を書いたら突っ込まれたり、メッセンジャーで教えてくれたり、見なかったことにされます。

彼らがいいと思ったものはいいねやシェアをもらえますし、紹介ももらえます。

つまり、しがらみのないフラットな付き合いだと解釈してます。

もともとそういう交流を目指して始めたわけではないので、中々新鮮な驚きであります。

もともと学生時代に見た、縦社会の闇から、あんまり同業者の付き合いが好きではないので、まさかこんなことになるとは。

今後ともよろしくお願いします。

やらかしが可視化される

これって、一見悪いことに思いますが、めちゃめちゃいいことです。

特に独立してる人なんかは、中々自分のやらかしを不特定多数に見られる機会は減ります。

やらかし、恥さらし、大いに結構。

そこから自分が成長できれば、まさかのビフォーアフター実写版です。

自分に「コンテンツ」があるかがわかる!

自分自身に人に言えるコンテンツ(武器)があるかが明確になります。

なきゃないで、無いことが明確になります。

よく、コンサルが自分の強みがミャーミャーのみゃーとか言いますけど、それって

コンサルにとって都合のいい話

だったりすることもあります。

本当の強みは、他人が見て魅力に感じる部分です。

それが人間性なのか、技術なのかはわかりませんが、自分の武器を探す作業、それが発信です。

一生懸命ブログ書いてたら、お金もらってDVD出した同業者も存在します。

自分のコンテンツに魅力があれば、お金払わなくてもDVD出せますし、本も出せますよ。

使う媒体は?

業種によって変わるとは思いますが、整骨院関連であれば、

ブログ

ワードプレス

のどちらかでよいと思います。

ほかの媒体は、時間があって得意であればよいと思いますが、あまり隙間時間のある業種でもないですし、お金持ちも少ないと思うので、コスト少な目、情熱大目に行きましょう。

ワードプレスに関しては、更新してなんぼだと思うので、まずはブログから、慣れてきたらワードプレスを考えるとよいのではないでしょうか。

例えば、ブログ術講義でお世話になったかさこさんなんかは今アメブロですが、個人的には

ライブドアブログ一択

であります。

理由として、

・閲覧の盛りがない(2017年以前は知りません)

・独自ドメインが取得できる

・やりたい人は電子書籍に変換できる

というメリットがあります。

独立前に会社で運用を命じられた楽天ブログは本当にひどくて、更新ボタン叩いた瞬間40ビューがつく、全然更新してないのに200ビューが特定の日だけ付くなど、ありえない挙動を連発していました。

また、データの引き継ぎや移行もできませんし、本当に使いづらい。

独自ドメインがあれば、例えばライブドアがサービスを終了しても、引っ越し可能です。

独自ドメイン=自分の家って感じでOKです。

まあ、あんまり土地から追い出される家って見たことないですが。

文章吸い出して電子書籍にもできます。

まとめ

習うより慣れろ

把持は書いてなんぼ。仲間もできる

ライブドアブログで慣れましょう。

投稿者プロフィール

院長
院長けやきの森整骨院 代表
4F整骨院院長
柔道整復師歴10年ちょい(国家資格)
趣味:読書(宮城谷昌光、歴史小説全般)、スポーツ観戦(野球:見るのは20年来広島、見てる時だけ勝てば良い派、サッカー、他メジャースポーツは守備範囲)
ズボンをよく壊す
整骨院のちゃんとした利用と、皆様の役に立つ情報発信に努めます。
たまに雑記も書くよ