協力し合えない治療院界隈の混沌の一端がほんの少しだけ分かったという話・後編

 

前回の続きになります。

前回記事と合わせて読むことをお勧めします。

協力し合えない治療院界隈の混沌の一端がほんの少しだけ分かったという話・前編
治療院界隈はヤンキーワールド 治療院界隈は、基本的にどの資格でも、補い合っていけば患者さんのためになると思うのですが、現状その例は少なく、一部のコミュニティを除くと、基本的にはヤンキーワールドです。 この場合のヤンキーワールドとは、...

 

 

ヘイトを可視化してみる

協力し合えないのは、謎にヘイト多めだからだと思うのですが、それがそもそも何を指しているのでしょうか?

https://twitter.com/ohayo_ninjatai/status/1270672775951167489?s=20

とりあえずいくつかの発信を抜粋してみましたが、共通していることは、

とにかく資格全体を殴っている

という傾向です。

ただ、おおむね自分の周囲のことや、たまたま見たひとりの資格者を通して、全体の印象を持っている感が強く、じゃあその感想を抱いた資格者のどのくらいの人が、その指摘に当てはまるかってことです。

 

誰を倒したいのか

具体的には柔道整復師(鍼灸師、マッサージ師、理学療法士、整体師以降他略で表記)は厳密に誰を指しているのか、そこが肝のような気がします。

当の柔道整復師(他略)自体が参加しているということは、柔道整復師(他略)全体という認識は、特に共食い軍団にはないはずです。もしくは自分だけは別的なアレだったりするかもですが、そのばあい病理が別なので、かかわらない人ということで解決します。

どういう病理か気になる人はこちらをどうぞ(そっとアフィリンクを貼る)

不正だ!とか、整骨院(他略)は○○だ!で発火する人がいるということは、その人たちからすると、自分は違う、またはいっしょくたにするなって話になるはずなのですが、そうなると、当の非難されている対象が不在状態で紛争が起きていることになります。

当事者がいないと何が起きるかと言いますと、

・陰口ないし八つ当たり大会にすぎない

・当事者がいないので絶対に解決しない

ということが起こります。

絶対に解決しない大会が発生して、そこで怒りをためた人が次の大会に参加する流れですね。

適当に釣りも出るので、なにかっちゃなんやかんやが起こると。

釣りって言うのは何かというと、あああれねって言うアカウントがいくつか連想で来た方には、それですとお答えします。

連想が出来なかった方はいちいち見に行くより、医学書読んだほうがためになるので釣りにはかかわらないのが一番良いです。

ずずいっと話を戻します

全体に行かずに当事者に言えばいいのに

自分の個別体験を全体に拡大する傾向について言及しましたが、そもそも特定の誰かのあれがあれして発火してるのであれば、当人に言えば解決する話です。

悪い事をしてるって確信があれば、当人じゃなくて厚生局や保健所、国に言えばよいわけで。

ちゃんと思い込みではなくて証拠をそろえていけば問題ありませんし、個人的に受けた仕打ちであれば法廷に行く手もあります。

言っても無駄だと思うなら、周りに行っても無駄です、無駄なので。

当事者に言えない事情があって、全体にかぶせる言い方をしているのであれば、かぶさった側の方は甚だ迷惑です。

そもそも資格全体が悪いのであれば、既になくなっています

悪貨があるたびにすべて作り直すみたいな愚かなことは効率が悪いですが、ほぼ悪貨であれば当然駆逐されます。

悪貨が良貨を駆逐する的なことを言う人もいますが、なら悪貨だけ見てろと。

そのあげく、資格同士が殴り合っている原因の一つになっているとしたら、愚かすぎて愚かです。

どうしたらよいのか

 

前回の続きになります。

 

前回記事と合わせて読むことをお勧めします。

 

協力し合えない治療院界隈の混沌の一端がほんの少しだけ分かったという話・前編
治療院界隈はヤンキーワールド 治療院界隈は、基本的にどの資格でも、補い合っていけば患者さんのためになると思うのですが、現状その例は少なく、一部のコミュニティを除くと、基本的にはヤンキーワールドです。 この場合のヤンキーワールドとは、...

 

 

 

 

 

ヘイトを可視化してみる

協力し合えないのは、謎にヘイト多めだからだと思うのですが、それがそもそも何を指しているのでしょうか?

 

とりあえずいくつかの発信を抜粋してみましたが、共通していることは、

 

とにかく資格全体を殴っている

 

という傾向です。

 

ただ、おおむね自分の周囲のことや、たまたま見たひとりの資格者を通して、全体の印象を持っている感が強く、じゃあその感想を抱いた資格者のどのくらいの人が、その指摘に当てはまるかってことです。

 

 

 

誰を倒したいのか

具体的には柔道整復師(鍼灸師、マッサージ師、理学療法士、整体師以降他略で表記)は厳密に誰を指しているのか、そこが肝のような気がします。

 

当の柔道整復師(他略)自体が参加しているということは、柔道整復師(他略)全体という認識は、特に共食い軍団にはないはずです。もしくは自分だけは別的なアレだったりするかもですが、そのばあい病理が別なので、かかわらない人ということで解決します。

 

どういう病理か気になる人はこちらをどうぞ(そっとアフィリンクを貼る)

 

 

不正だ!とか、整骨院(他略)は○○だ!で発火する人がいるということは、その人たちからすると、自分は違う、またはいっしょくたにするなって話になるはずなのですが、そうなると、当の非難されている対象が不在状態で紛争が起きていることになります。

 

当事者がいないと何が起きるかと言いますと、

 

・陰口ないし八つ当たり大会にすぎない

 

・当事者がいないので絶対に解決しない

 

ということが起こります。

 

絶対に解決しない大会が発生して、そこで怒りをためた人が次の大会に参加する流れですね。

 

適当に釣りも出るので、なにかっちゃなんやかんやが起こると。

 

釣りって言うのは何かというと、あああれねって言うアカウントがいくつか連想で来た方には、それですとお答えします。

 

連想が出来なかった方はいちいち見に行くより、医学書読んだほうがためになるので釣りにはかかわらないのが一番良いです。

 

ずずいっと話を戻します

 

全体に行かずに当事者に言えばいいのに

自分の個別体験を全体に拡大する傾向について言及しましたが、そもそも特定の誰かのあれがあれして発火してるのであれば、当人に言えば解決する話です。

 

悪い事をしてるって確信があれば、当人じゃなくて厚生局や保健所、国に言えばよいわけで。

 

ちゃんと思い込みではなくて証拠をそろえていけば問題ありませんし、個人的に受けた仕打ちであれば法廷に行く手もあります。

 

言っても無駄だと思うなら、周りに行っても無駄です、無駄なので。

 

当事者に言えない事情があって、全体にかぶせる言い方をしているのであれば、かぶさった側の方は甚だ迷惑です。

 

そもそも資格全体が悪いのであれば、既になくなっています。

 

悪貨があるたびにすべて作り直すみたいな愚かなことは効率が悪いですが、ほぼ悪貨であれば当然駆逐されます。

 

悪貨が良貨を駆逐する的なことを言う人もいますが、なら悪貨だけ見てろと。

 

そのあげく、資格同士が殴り合っている原因の一つになっているとしたら、愚かすぎて愚かです。

何故、前回の記事で割と資格をひとくくりにする傾向で書いていたのかというと、これを書くためのフリです。

自分の文章力不足で伝わってない場合があり得るので念のため

どうしたらよいのか

・自分の思想以外を悪とみなさない心を持つ

・自分の体験談で全体を語らない

・資格マウントは実質差別

ちょっと違いますけど、こういうことです。

【NBA】とてもシリアスな話。

とりあえずこれだけわかってればいいと思います。

周りにそう言う人がいたら・・・これは簡単です。

そう言う人にあなたも陰でぼろくそ言われています。

付き合いもあるのでそれ次第ですが、縁を切るもよし、一切信用しないという感じでいいと思います。

まとめ

あの人=その人の職種や資格全体ではない

区別がつかない人は信用しないほうがいい

 

 

 

投稿者プロフィール

院長
院長4F整骨院 院長
4F整骨院院長
柔道整復師歴10年ちょい(国家資格)
趣味:読書(宮城谷昌光、歴史小説全般)、スポーツ観戦(野球:見るのは20年来広島、見てる時だけ勝てば良い派、サッカー、他メジャースポーツは守備範囲)
ズボンをよく壊す
整骨院のちゃんとした利用と、皆様の役に立つ情報発信に努めます。
たまに雑記も書くよ
お電話はこちら
タイトルとURLをコピーしました