今回の逮捕で、交通事故における整骨院の基準点ができたのではないかという話

ブログ

過去に何回か書いてきましたが、医療関係で悪いことをした場合、治療院側だけでなく、患者さんが捕まるリスクがあります。

先日、良いモデルケースといっていいか、整骨院の逮捕案件がありましたので、そちらを参考に、考えたいと思います。

重要:最初に整理しておきたいこと

普通の整骨院に、不通に通う分には、交通事故だろうが健康保険であろうが問題ありません。

ルールを守らない、これは怒られたり処分が整骨院側に行きます、それは整骨院の問題ですが、別に他業種でも同じだと思います。

問題になるのは、ルールを利用者と提供側が一緒になって破りに行った場合です。

焼肉屋さんで店員とこっそり示し合わせて、レバーを生で食べる

客が未成年と知りながら酒を出す

車の運転してる人に酒を出す

などがこれに該当します。

ばれたら捕まることをやってばれた、それが整骨院の話ってことです。

では本題

まず、こちらの動画をご覧ください。

参照元はこちら

このニュース動画は、問題点が過不足なく整理されていてよいと思います。

・患者さんと共謀→整骨院側、患者さんの犯罪を示唆

・来てない日を請求→整骨院の犯罪を示唆、来てない日を来たことにしてくれと依頼したら患者さんも犯罪

この2点が犯罪行為

・弁護士でもないのに無料相談

・治療費0円

・交通事故専門などの表記

・エキテンランキング一位のロゴ

この辺りが景品表示法や、広告ガイドラインに引っかかってくる問題点になります。

これが今後の基準点になると思います。

今後の見通し

これらの表記や、行為は厳重チェックされると思います。

まず、通院の水増しは、受付表やカルテの記載で裏を取られるでしょう。

治療費0円や、交通事故専門、無料相談のような表現をしている整骨院は、

患者さんや損保会社から輩扱いされる

リスクをしょうことになります。

これはマイナスに見えるかもしれませんが、とてもポジティブなニュースです。

なぜかというと、

これやってなかった整骨院の信用が相対的に上がる

ということです。

やったね!

この表記をしちゃってる整骨院へ

やめれ

この表記をしている整骨院に行こうとしている、交通事故に遭われた方に

犯罪予備軍という扱いを受けるので、ご注意ください。

まとめ

直してない人は直しましょう

逮捕者叩くのは無意味、基準点を作ってくれて感謝

悪いことしてない人にはチャンス到来

投稿者プロフィール

院長
院長4F整骨院 院長
4F整骨院院長
柔道整復師歴10年ちょい(国家資格)
趣味:読書(宮城谷昌光、歴史小説全般)、スポーツ観戦(野球:見るのは20年来広島、見てる時だけ勝てば良い派、サッカー、他メジャースポーツは守備範囲)
ズボンをよく壊す
整骨院のちゃんとした利用と、皆様の役に立つ情報発信に努めます。
たまに雑記も書くよ
お電話はこちら
タイトルとURLをコピーしました