相手方のいる交通事故に遭った場合、痛みが残っている限り、通院期間は無制限なのでしょうか?今日はそんな話です。

はじめに答えを書きますと

NOです。

無限に通院はできません。

ただし、これは「相手方がリアルタイムで補償する期間」という意味で言うとそうです。

ご自身で実費を支払って通院する分には、満足いくまで通院が可能です。

でも、そんなお金がないよ・・・って方、あります。

その費用に充てるものとして、慰謝料というものがあります。

 

慰謝料=お見舞金ではない

慰謝料って、中には誤解されている方がいらっしゃいまして、通ったら貰える通勤手当的なものというイメージでみられることもあるようです。

実際なんで支払われるかというと、その通院が妥当だからです

通院が妥当だとした場合、その際の医療費は、相手方の保険会社が出てきて宇®場合は並行して支払われていることが多いです。

そして、妥当な通院が一定発生しているということは、対応期間中に治りきらない可能性も考慮されているということです。

普通に生きてて、数八キロとかトン単位のものがぶつかってくるっていうことはまずないので、未知の領域の力が加わることがあります。

その結果発生した痛みというのは、すぐには治らないことも当然考えられます。

しかし、半年程度経過してしまうと、「けがのものなのか日常生活のものなのか脳が判断できなくなる」という現象も発生します。

 

結局一般的な通院期間は?

相手方が保証している期間として考えた場合、手術案件とか、一生ものの状況になっていない限りは、長くて半年くらいだと考えてよいと思います。

そのあたりになると、ケガによる痛みなのか、日常系のものなのかの判断が極端に難しくなってくるためです。

最近その名称が適切じゃない気がしますが、整骨院が良く出すパワーワード「むち打ち」に関しては、3か月で○○%、6か月で○○%は治るという統計もあるようで、3か月で打ち切りっていうケースは結構あるようです。

3か月の場合は対応整骨院の問題もありそうですが・・・

その際に保険は効くの?

整骨院では原則自費になると思います。

病院だとほにゃららでほにゃららかもしれません。

後、この段階では鍼灸の方で保険適用になるケースがあるので、打ち切り後に病院に通っていてよくならないケースの際は、医師、鍼灸師に相談するのも手です。

※鍼灸師の健康保険は、医師の同意が必要になります。

まずは人事を尽くそう

とはいえ、期間中しっかり治療していれば、ある程度以上の回復をすることは全然あるので、まずはしっかり治療をしておきましょう。

病院は原則外せません。

病院がやってない時間や、土日の時には整骨院を併用するのもいいと思います。

まずはしっかりと治療すべきです。

 

弁護士が入れば未来は変わる?

診断と症状次第です。

弁護士も証拠がないと動くことができないため、入れたらすべて解決みたいなことはないです。

また、本人は望んでいないのに訴訟方面に誘導された事例も実際に当事者から聞いたこともあります。

成歩堂竜一は実在しないので、必要だったら使うって感じでいいと思います。

 

まとめ

通院期間は無限ではない

弁護士は魔法使いではない

慰謝料はその後の通院の前渡しの性質がある

 

 

投稿者プロフィール

院長
院長4F整骨院 院長
4F整骨院院長
柔道整復師歴10年ちょい(国家資格)
趣味:読書(宮城谷昌光、歴史小説全般)、スポーツ観戦(野球:見るのは20年来広島、見てる時だけ勝てば良い派、サッカー、他メジャースポーツは守備範囲)
ズボンをよく壊す
整骨院のちゃんとした利用と、皆様の役に立つ情報発信に努めます。
たまに雑記も書くよ