これはだいぶ前の話なんですけど、肩こりを治したいけど、宝くじ買ってお金がないから保険使ってくれない?

と言われたことがあります。

捕まるのでお断りしましたが、個人的には、宝くじに使うお金をないものと思うなら、健康に投資して、元気に働いたほうが確実に稼げると思うので、確率をもとに解説してみます。

宝くじってそもそも当たるのか?

調べていくと、当然当たりません。

ここが一番わかりやすいので、詳しく見たい方はご覧ください。

ざっくり確立を示すと、

○○ジャンボ系が2000万分の1

前後賞が1000万分の1

比較的当たりやすいTOTOBIGで500万分の1くらいです。

当たんなくないですか?

さらに、ジャンボ系に関して言うと、この確率は、

予定枚数がすべて売れた時の本数をもとにした確率になるようです。

全部売れないとあたりが減るので、分母がおそらく変動します。くわしくはこちら

一応パチンコなどと違って、完全確率ではないので、すべて買い占めれば必ず当たります。もちろん損しますけど。

一応確率分母まで買うとします。

○○ジャンボを買った場合、60億円必要になります。なお当たるとは限りません。

TOTOBIGの場合は、1億5000万円で済みます。

ではTOTOで(おい

ご覧の通り、当たる前提で買うのがおかしいレベルであり、貯金感覚で買うなら、確定拠出年金積立たほうがいいと思います。

確定拠出年金についてはこちら

なんだか宝くじについての記事で終わりそうなので、本題にもどります。

元気があれば、時間が余る

実は、元気だと時間が余ります。

疲れている時のほうが、さぼっている場合を除いて作業が遅くなり、頭も働かなくなるために、時間を無駄に使ってしまいがちです。

テキパキ動き回っている人は、時間を効率的に使っています。

よく見てみましょう、あまりインターバルをおかずに動いていませんか?

元気がない人は、インターバルがちょこちょこ入ります。

コマーシャル多めのテレビ番組みたいな感じです。

そうすると、隙間時間がどんどんつぶれていきます。

つまり、元気な人とそうでない人は、

意識して使える時間に差がある

という事が起きえます。

時間がない、忙しくて暇がない、という感覚は、元気がなくて隙間時間を小休止にあてている可能性があります。

元気になっても仕事の仕方やら職番問題もあり得ますが、元気かつ仕事が出来れば、転職も視野に入りますし、空いた時間でスキルアップを図るという事も可能になってくるのではないでしょうか。

治療費にかけても、運動環境に投資してもいいと思います。

お金がないですって?

宝くじやめれば簡単に財源確保できますよ。

実は宝くじに結構使っている日本人

宝くじ公式サイトで調査しているようで、

最近1年間で宝くじをいくら購入したかを聞いたところ、非購入者を含めた全体の平均では13,550円、購入者の平均では26,650円でした。前回調査では全体で12,440円、購入者の平均が25,210円で、それぞれ1,110円と1,440円の増加となっており、調査開始以降、この平均購入総額は増加していましたが、前回、前々回では減少し、今回再び増加傾向に転じました。

買ってる人は年間2万6000円ですよ!!

それを健康に投資して、元気になれば3万円分余分に働くとか楽勝だと思うので、まずは60億稼いで、一か八かくじるっていう事でいかがでしょう?

投稿者プロフィール

院長
院長けやきの森整骨院 代表
4F整骨院院長
柔道整復師歴10年ちょい(国家資格)
趣味:読書(宮城谷昌光、歴史小説全般)、スポーツ観戦(野球:見るのは20年来広島、見てる時だけ勝てば良い派、サッカー、他メジャースポーツは守備範囲)
ズボンをよく壊す
整骨院のちゃんとした利用と、皆様の役に立つ情報発信に努めます。
たまに雑記も書くよ