夏の間にお子さんと過ごす親御さんも多いと思います。

その間に読んでおくとよいお勧めの本、漫画を紹介します。

完全に主観をふくみます。

歩き方がわかる漫画

こちら、フットボールネーションです

歩き方に関しては、この漫画が一番わかりやすいのではないかと思います。

イラストも見やすいです。

かつてヨーロッパでプレーして挫折した監督が、身体の使い方から日本人のサッカーは変わるべきだと理想を抱いて、肉体的な素質(体つきや使えている筋肉の話)に優れた選手を集めて天皇杯的な大会を勝ち進む話です。

主人公にも暗い過去とかいろいろありますが、そっちのけで身体の話がメインの漫画です。

ストーリーを途中で放棄してまで体の話を何週もする胆力にも脱帽です。

アウターマッスル不要など、トンデモ理論もありますが、そこは適当に割り引いてみてください。

此方の記事がよくまとまってるので、記載の細かいところはこちらをご覧ください。

サッカー版こどもちゃれんじだと思って読むと一番良いかもです。

筋トレに詳しくなる漫画

ダンベル何キロ持てる?

漫画から今年アニメ化されてます。

はい、サイドチェスト!そんな漫画です(実はあってる)。

番組最後に筋トレの実演動画などもあるので、わかりやすさが特徴です。

謎なお色気シーンがあったりするのが謎ですが、原作者の名前が、サンドロビッチ・ヤバ子さんなので、名前に秘められた狂気が出ているのかもしれませんね(適当)

同じ人が原作とは思えないケンガンアシュラもついでに。

ヤバ子。

子どもの接し方について考えさせられる本

ドイツの子供は審判なしでサッカーをする

ドイツで、子ども年代のサッカーを指導されている、中野吉之伴さんの著書です。

テーマは少年サッカーですが、子どもとの接し方というテーマで読むことができ、考え方の面でとても参考になる本です。

当院の待合室にも置いてあります。

特に素敵な段落として、

多くのミスを指摘するか、一つの成功を認めるか

というところです。

私の親の世代だと、前者が多く、欧米だと後者が多いイメージですが、今の日本は教育に関しても過渡期だと思われるので、特に後者の考え方がまだ根付いていません。

特に今は子供と接する時間が少なくなる親御さんもいらっしゃるはずなので、その時間でどう接するかのヒントがちりばめられているので、ぜひご一読ください。

漫画が適当に読めるアプリ

個人的には、無制限で読めるアプリは推奨していなくて、

・一気読みなんてしたら時間が足りなさすぎる

・程よく読める

という観点から、一日の閲覧制限のあるアプリを好んで使っています。

マンガワン

小学館の漫画がメインで収録されています。

過去の名作が期間限定で一気読みできたりするのも魅力。

上述した、ダンベル何キロ持てる?も連載中ですし、フットボールネーションもたまに期間限定配信されています。

マンガBANG!

ちょっとバイオレンス系が多めですが、ポップなものもそこそこあります。

此方は連載修了したものが多めですね。

連載中で読んでるのは、江戸前の旬くらいでさあ~

レジャーおすすめのサイト

それがこちら。

PASSME!

レジャー施設の情報が充実しているのと、クーポンが常設されています。

ごくたまに掲載施設20%オフとか、謎のキャンペーンの値引き幅がすごいことがあります。

また、記者を派遣して体験記事を掲載しているのですが、記事のレベルが高いです。

コラムとして読んでも楽しくなってくるので、ブクマ推奨です。

また、LINE公式もあり、クーポン配信もされています。

 

夏休みのお子さんと過ごしながら、読んだり見たりしてみてくださいね。

投稿者プロフィール

院長
院長けやきの森整骨院 代表
4F整骨院院長
柔道整復師歴10年ちょい(国家資格)
趣味:読書(宮城谷昌光、歴史小説全般)、スポーツ観戦(野球:見るのは20年来広島、見てる時だけ勝てば良い派、サッカー、他メジャースポーツは守備範囲)
ズボンをよく壊す
整骨院のちゃんとした利用と、皆様の役に立つ情報発信に努めます。
たまに雑記も書くよ