多分こんな表記の治療院のサイトを見たことある方も多いのではないでしょうか。
特に自分の治療をフィーチャーする時によく使われるようですが、
〇〇で良くならないが〇〇すれば治るっていうのは、とても不自然な論法です。
医学的に筋が通らないのはまずいので、そういう意味でなら分かります。
肩こりは悪霊のせい、みたいな去年のあれとか
そういうのは論外ですが、

 

大事なことは、
・症状に対して
・どこを治療した方がいいかを検査して
・そこに治療をする

ことで、どんな方法かどうかというのはあまり重要ではありません。
もちろん技量や知識によって、結果は左右されますが、それはあくまで
技量や知識の問題で精度が変わるという話であって、
〇〇療法だったからいいということではありません。

もし〇〇療法さえやっとけばいいのであれば、おそらく医療の歴史からすれば
すでに医天下統一されている可能性が高いです。

どんな症状でも、その○○療法をすればいいわけですから。
そうではないということは、万能の医療はないですよということを表していて、
ですから私たち治療家は日夜勉強と努力をするべきであって、自分たちの治療を
宣伝するために他の医療を否定することは意味がないことです。

ですから!そんな営業は!来てもやりませんから!!
あと、同業者をけなす表記をして自分上げにはなりませんのでその営業もNO!!

という今日は魂の叫びです。

投稿者プロフィール

院長
院長4F整骨院 院長
4F整骨院院長
柔道整復師歴10年ちょい(国家資格)
趣味:読書(宮城谷昌光、歴史小説全般)、スポーツ観戦(野球:見るのは20年来広島、見てる時だけ勝てば良い派、サッカー、他メジャースポーツは守備範囲)
ズボンをよく壊す
整骨院のちゃんとした利用と、皆様の役に立つ情報発信に努めます。
たまに雑記も書くよ