マッサージ紛らわしい問題とか、関連記事いろいろ書きましたが、

パッと見てわかるマッサージをしていい人、口に出していい人の早見表です。

人にやっていい部門と、家庭内はどうなんだ部門とに分けています。

人にやっていい部門、口に出していい資格とそうでないもの

国家資格系

医師・・・○

鍼師・・・×

灸師・・・×

あん摩・マッサージ指圧師・・・○

鍼灸師・・・×

鍼灸あんま・マッサージ指圧師・・・○

柔道整復師・・・×

作業療法士・・・×

看護師・・・×

理学療法士・・・×

助産師・・・×

非国家資格者(民間資格)

セラピスト・・・×

アロマ系セラピスト・・・×

リラクゼーション・・・×

リフレクソロジスト・・・×

整体師・・・×

根本改善整体師・・・×

体質改善整体師・・・×

シャーマン・・・×

ヒーラー・・・×

気功師・・・×

美容師・・・×

使っていい資格まとめ

医師とあん摩・マッサージ指圧師以外使用不可、発言不可です。

鍼灸師も、別個にちゃんとあん摩マッサージ指圧師を取得してなければアウト。

家庭内はどうなんだ

厚生労働省に問い合わせたところ、謎の回答をもらいました。

家で家族にやる分にはマッサージをして構わないそうです。

家庭内、およびセルフケアであればマッサージは使えます。

ただし、何がマッサージかは実は定義されていません。

という事は、養成学校に通って、ちゃんと勉強して実習を行った人間にしか、

事実上マッサージは無理

ってことかもしれませんね。

そして、マッサージチェアはなんかOKです。

マッサージチェアに関しては、過去に記事にしたことがあるので、そちらを盛ってきます。

先日スパに行きまして、ちょうどそこにF社の
医療機器の体験コーナーが有ったので体験してみました。

その際に、販売員が、
「この製品は医療機器です。マッサージ機は医療機器ではない
ので、効果効能は謳えないのですが、この商品は許可をえて、
保健所にも届け出てここで体験やっています。その代わり
家電量販店ではコーナー作って売れないんですよ、医療機器なんで

と、NHKのコント番組のネタの1つ、「NHKなんで」みたいに
言ってきたので、販売員に怒涛の質問を開始しました。

私「マッサージ機は医療機器ではないんですか?」

販売員「はい、医療機器ではありません

私「国家資格者が使う「マッサージ」の名称を使ってるのに?」

販売員「はい、マッサージという名称は医療機器でなくても使えます

私「(ん??)そうなんですか?マッサージってマッサージ師と
医者しか使えない名称ですよね?医療機器ですらない機械が使えないと
思うのですけど・・・」

販売員「当社のように保健所に許可を取って設置してあるのが医療機器
です。マッサージ機は違うと思います(やや弱腰)。もし気になるようなら
厚生労働省へ聞いてみてはいかがでしょうか?」

そもそも、そのコーナーの1M先にフットマッサージ器が有ったり、
上のフロアにマッサージチェアが有ったりするのですが、そこは
触れてはいけない聖域なのかもしれません。

というわけで、電凸です

マッサージ機などの機器の許可と、マッサージ師の資格で部署が異なるので
交換手と部署をひたすらラリーしました。
電話自体もかなりの長時間に及んだのと、飛び飛びでトピックがあるので、
かいつまんでまとめますと、

・マッサージ機も医療機器扱い(販売員ダウト!)

・うたっていい効果、効能は以下の通り。
1)マッサージの代用
2)血流を良くする
3)健康に良い
4)コリをほぐす

マッサージ師の業の中の一部分をデフォルメして許可を出してるようです。

ついでに、マッサージ機も家電量販店に設置の際は保健所に許可がいるとのこと。
金銭の授受(買ったり、体験ワンコインなど)が発生する場合はそんな感じ
みたいです。こんな事聞く人余りいないのになんかすいません。

というわけで、

・マッサージ機も医療機器

・効果、効能は限定的に謳うのは可能

・自社製品以外を知らないのに適当なことを言うと
調べ出すやつ(主に私)がいるので注意

○○マッサージはどう?

これは明快で、リンパマッサージだろうがフットマッサージだろうが、

マッサージ師以外がやったらダメ

一個だけ毛色が違うものに、ベビーマッサージがあります。

これは、自分がよその赤ちゃんに行うものではなく、セルフケアの仕方を各家庭の親に指導するものなので、今までの分類法でいえば、問題がなさそうです。

マッサージは家族が家族に対して行ってもいいものなので。

マッサージをしていい場所、施術所

患者さんの自宅(訪問、往診)

介護施設

マッサージ院

鍼灸あん摩マッサージ指圧院

整骨院・マッサージ院

整骨院・鍼灸あんま・マッサージ院

その他あん摩・マッサージ・指圧師が保健所に届け出て認可された施術所

病院(医師とマッサージ師のみ可能)

そのほかの場所では、資格者であっても不可です。

エステサロンを開いても、整体院を開いても自由ですが、その中ではマッサージはできません

なぜなら、

マッサージに関連する法律で、施術所に関する規定があり、国が定めない施設で開業した場合、免許を取り扱う要件を満たしてないと判断されるためです。

おおむね保健所が認可してないのに、焼肉屋が店内でユッケを作ってはいけないのと同じ感じです。

 

まとめ

資格者以外はマッサージ使用禁止

マッサージ発言禁止

家族にはなぜかOK

投稿者プロフィール

院長
院長けやきの森整骨院 代表
4F整骨院院長
柔道整復師歴10年ちょい(国家資格)
趣味:読書(宮城谷昌光、歴史小説全般)、スポーツ観戦(野球:見るのは20年来広島、見てる時だけ勝てば良い派、サッカー、他メジャースポーツは守備範囲)
ズボンをよく壊す
整骨院のちゃんとした利用と、皆様の役に立つ情報発信に努めます。
たまに雑記も書くよ