マッサージでは治らないって煽り広告がいまだに届きます。

DMだったり患者さんからの情報であったり、ネットであったりです。

でも、マッサージ受けた人、そんなにいないはずです。

なぜなら、マッサージの定義を正確に説明できるのは整体師や柔道整復師、鍼灸師でも難しいからです。

今日はマッサージってなんなのさをできる範囲でお伝えしていこうと思います。

マッサージとは何ぞや

マッサージってなんですか?

と聞くと、皆さんの答えは大概こうです。

「あれでしょ?指でぐいぐい押すやつ」

「60分2980円だっけ?」

「みんなやってるじゃんよーもんでるってことはマッサージでしょ?」

この辺が現在最も多い回答になります。

マッサージ師の事をちゃんと知っているのは、介護系の方などに限られるのではないでしょうか?

※マッサージは、マヒなどの施術が認められた国家資格で、医師の同意がある適応症状には保険も使えます。

公益社団法人・日本あん摩マッサージ指圧師会のサイトから引用したいと思います。

マッサージとは?

施術者の体重をかけて対象者が痛みを感じるほどの相当程度の強さをもって行うなど、あん摩マッサージ指圧師が行わなければ、人体に危害を及ばし、又は及ぼすおそれのある行為については、同条のあん摩マッサージ指圧に該当するので、無資格者がこれを業として行っている場合には、厳正な対応を行うようお願いする。

また、同条のあん摩マッサージ指圧が行われていない施術において、「マッサージ」と広告することについては、あん摩マッサージ指圧師でなければ行えないあん摩マッサージ指圧が行われていると一般人が誤認するおそれがあり、公衆衛生上も看過できないものであるので、このような広告を行わないよう指導されたい。

平成15年11月18日付
厚生労働省医政局医事課長の回答(長崎県福祉保健部長の問い合わせに対して)

まさかの回答貼り付けで全文でした。

なので、厚生労働省に電話してみました。

マッサージの定義を教えてくださいと聞くと。

「マッサージ師がマッサージするぞと思ってやる手技をマッサージと認識しています。あと、痛いくらいの力を加えていいのはマッサージ師だけです」

とのことでした。

オムライスの卵に使いたいくらいのふわっと回答でしたが、上の回答ともリンクしますね。

・あん摩、マッサージ指圧師が行っていい施術

・痛みを感じるレベルの強い刺激を伴うもの

がマッサージの条件となるようです。

共通しているのは、マッサージ師以外がマッサージという時点で違法だという事です。

では、そんなマッサージ師さんのマッサージ院はどのくらいの数があるでしょうか?

年々減ってます。

鍼灸院併設を含めて28000くらい(真ん中2個の差から計算しました)、整骨院の方が2万件多いです。

整体は、実数がカウントしにくいので、ちょっと違うのですが、

整体業界の伸びという記事を見つけたので、こちらから引っ張ってきます。

ここで、マッサージカオスの闇を見つけました。

マッサージって言っちゃってるよ!

関連業種の人がこれやってるからそれは誤解生みますよね。

もともとの母数の計算がめちゃめちゃで、さらにマッサージとそうでないものの区別がついてないので、一般利用者がわかるはずがないです。

資格者もごっちゃ疑惑

資格者から見ても、マッサージというのはよくわからないことがあるようです。

サイトの説明にマッサージと書いている整骨院や整体院があったり、クイックやハンドやスポーツをつけてマッサージじゃない感を出してみたり、いろいろです。

ちなみに、マッサージとついた段階で、マッサージ師以外はできなくなると厚生労働省が言っています、やっている同業者の方がいましたら、速やかに変更をオススメします。

※別段特定の誰かを指してません。

マッサージ師の実態がわかりにくい理由、他にも

あん摩、マッサージ指圧師の中で、マッサージという単語がある意味浮いています。

マッサージというのは、戦後に資格が制定されたときにあんま、指圧にくっついてきた用語のようです。

さらに、現在、あんまという単語は、テレビでは放送禁止用語になっています。

そのため、あんまという資格名があるけどテレビでは出てこない不思議な資格があんまです。

なので、ふわっと出てきたマッサージは、イメージもふわっと伝わってしまいました。

ちなみに、細かい手法は省きますが、

マッサージは末端から心臓に向かって

あんまは心臓から末端に向かって

施術して行くという違いがあります。

問題点をまとめると

類似資格者(整体など)がマッサージという単語を使っちゃってる

国家資格者もマッサージと言っちゃってる

患者さんがわかるわけがない

の結果、

本当のマッサージを受けたことがある人はあんまりいない

のであります。

ちなみに、先週温泉街に行ってきたので、各ホテルにマッサージと書いているところに5件ほど問い合わせましたが、

マッサージ師1人しかいませんでした。

なので、マッサージを受けているかどうかというと、受けてないことが多そうです。

また、もう一つ大きな問題があります。

マッサージ師、サイトあまりない問題です。

マッサージ師、サイトあまりない問題

たとえば、草加市、マッサージ院で検索をします。

こんな感じになります。

上半分の広告では、口コミサイトや、予約ポータルサイトとか出てきてますね。

ぽちっと。

!!

1ページ目にマッサージ院が存在しません。

エステ、整体、リラクゼーションのみでした。

では、下の検索で出てきたところは・・・

マッサージ師が明確にいると書いてある治療院がありますが、マッサージ師がいないにもかかわらずマッサージという

文言を使っている治療院も出てきています。

これは混乱するな・・・

そして、マッサージ院単独のサイトがほとんどありません。

2ページ目からは香ばしさが増してくるものの、やはりマッサージ院単独は出てきません。

他のポータルサイトや、口コミサイトもほぼ同様でした。

なぜでしょうか?

マッサージ、あんま指圧師は弱視の方や全盲の方もそれなりにいる

事があげられます。

目が見えない状態でサイトデザインをしたり、ブログくじを更新したりするのは困難ですし、できばえも見えないものに数万~数100万のお金を使うことも考えにくいです。

したがって、マッサージ師単体でサイト運用しているところは少ないと言えます。

マッサージの受け方、探し方

・屋号にマッサージ、又は指圧と書いてある

・サイトにマッサージ師と明記してある

このどちらかを満たしている場合は、マッサージ師がいる治療院、マッサージ院になります。

整骨院や鍼灸院にくっついている場合もありますが、その場合でもマッサージ師がいる旨は明言されていますし、

マッサージという文言は原則看板に入っています。

香ばしいあおりは別です。

※香ばしいあおり分の例

からだの不調でお悩みのあなたへ あなたのカラダの悩み 私がどうにかしましょう! 院長である私が毎回責任をもって施術致します! ☑ レントゲンやMRI検査で(骨)に異常 はなかったけど、痛みが引かない ☑ マッサージではなく根本的に痛みを取りたい ☑ …

今までの文章を前提として、マッサージだけではや、マッサージではなく、という文言が出てきている場合は、マッサージをよくわからない、又は煽り文と考えてよいです。

なぜなら、効果のない施術を国が国家資格としてみて認めるはずがないからです。

もしマッサージが効果がないのであれば、民間資格にされているでしょうし、代わりに他の資格が国家資格になっているはずです。

まとめ

あんまりマッサージが出来るところはサイトに載ってない

マッサージ師がいるという確認はするべし

マッサージは効果内は嘘

 

投稿者プロフィール

院長
院長けやきの森整骨院 代表
けやきの森整骨院院長。
柔道整復師歴10年ちょい(国家資格)
身体に役立つ情報と、整骨院の本来のルールを発信し、間違った利用(肩こりで健康保険など)をなくし、筋肉、骨の専門家として整骨院が信頼されるよう取り組んでいる。
2017年ズボン3本破壊、チャック一回破壊(不可抗力)。
元読書家で歴史小説に目がない人。
少年・青年漫画限定で意味不明に詳しい。
同名の整骨院の活動には関与していません