・マッサージ師という国家資格者に対するリスペクト
・マッサージ自体を習ったことがない
・マッサージのイメージが医療行為ではなくなってる危惧

という理由があり、この仕事を始めてから今まで、
マッサージという用語を施術や受付で使ったことがありません。
マッサージやったことないんでわからないです、はあります。

マッサージ師というのも大変なお仕事でして、「マッサージ」という
言葉自体、医療機器を除くと医師とマッサージ師しか使えないとても
凄い言葉なのです。
マッサージの技術もそうで、医師は万能免許なので、マッサージはやって
やれないことがありませんが、本当のマッサージが出来るのは、日本の中で
マッサージ師だけです。

昨今医療機関を取り巻く状況はあまり芳しくなく、コンサルのいうまま
ネット発信させられている人も増えています。
挙句の果てに、マッサージ師なのに、「マッサージでは治らない」
という、自らの資格否定をさせられている人まで出てきています。

寂しい気持ちでいっぱいですが、煽りコンサルがいかに、私たち治療院の
人間の音など何にも思っていない証左ではないでしょうか。
煽ら―のいう事なんて聞くのをやめて、いやいや自己否定の発信なんてやめて、
患者さんの為に施術をしているのですから、その役に立つような、
そんな発信していきませんか?
まだ準備段階ですが、ポータルサイトなどでお力になれたら幸いです。

このサイトについて

投稿者プロフィール

院長
院長4F整骨院 院長
4F整骨院院長
柔道整復師歴10年ちょい(国家資格)
趣味:読書(宮城谷昌光、歴史小説全般)、スポーツ観戦(野球:見るのは20年来広島、見てる時だけ勝てば良い派、サッカー、他メジャースポーツは守備範囲)
ズボンをよく壊す
整骨院のちゃんとした利用と、皆様の役に立つ情報発信に努めます。
たまに雑記も書くよ