ちょっとしたことでだいぶ変わる

昨日は休院日をいただき、実家に帰って家族やらその他の方の施術をさせていただきました。

その際、久々に自転車(おおむね一時間半)で実家に帰ったのですが、途中車体が重たい感じがして、ふと見たらチェーンがさびていました。

ちょうどよく自転車屋さんがあったので、油をさしてもらったところ、途中から急に快適になりました。

まあ当たり前っちゃ当たり前の話なのですが、自分の体に置き換えてみたらどうでしょうか?

サビ=疲労とか緊張とか

自転車のサビを体に置き換えてみると、疲労や緊張、ストレスなんかも入れてもいいかもしれません。

ちょっとのサビでは問題なく動きますが、徐々にパフォーマンスが低下します。

やっかいなのが、ちょっとずつの蓄積だとその状態に気が付きにくいことです。

なんか重たいな?まあ気のせいか、みたいな感じ。

しかし、たまっていくと、作業スピードが落ちていたり、休憩時間が多くなったりなどの減少が出てきます。

疲れが取れない、よく眠れない、何てのもサインの一つです。

辛くなってからの作業はつらい

不調時に、作業や仕事を続けるというのは、なかなかつらいものです。

普段であれば、元気であればなんてことない作業も、なかなかの苦行に早変わりします。

それだけ辛くなってからの作業はきついので、早めに手を打ちたいものです。

メンテナンスのススメ

そんな時はメンテナンスをしてしまった方が楽なことも多いです。

早めに楽になってしまえば、作業も早く終わりますし、時間がかかっても次の日に持ち越すダメージも減ります。

疲れていると、仮に一日に15分余分に仕事がかかるとすると、10日で150分という、映画一本分の時間が消滅します。

そうなる前に手を打っておけばいいと思います。

そんな時の為に、リラクゼーションや整体を利用したり、整骨院、鍼灸院でも自費の施術で悪くなる前に手を入れる施術を行っているところも増えてきています(自費)。

では、不調に気が付くチェックはどうすればよいでしょうか?

一日一回体のチェックをしよう!

ラジオ体操やストレッチなど、一日に一度体を動かす習慣は大事です。

身体を動かしておけば、うまく動かなかったり重たいなどの、不調の徴候を感じ取るチェック機能が働きやすいので、5~10分くらい身体を動かす習慣をつけておきましょう。

ちょっとした不調であれば、それこそ自分のストレッチとかお風呂で十分です。

まとめ

運動習慣で体の不調をチェック

早いうちにケア

超早いうちなら風呂やストレッチでよくなることも

投稿者プロフィール

院長
院長けやきの森整骨院 代表
けやきの森整骨院院長。
柔道整復師歴10年ちょい(国家資格)
身体に役立つ情報と、整骨院の本来のルールを発信し、間違った利用(肩こりで健康保険など)をなくし、筋肉、骨の専門家として整骨院が信頼されるよう取り組んでいる。
2017年ズボン3本破壊、チャック一回破壊(不可抗力)。
元読書家で歴史小説に目がない人。
少年・青年漫画限定で意味不明に詳しい。
同名の整骨院の活動には関与していません