昨日、根本治療というものは、そもそも存在しないのではないかという記事を書きました。

もし、根本治療があるとしたら・・・今日はそんな話です。

昨日の記事と合わせてお読みいただくと、より分かりやすいかと思います。

根本治療ってそもそも存在しないのではないかという話

結論

根本治療があるとしたら、それは予防です。

そもそもけがをしない、病気をしないという状況を保つことこそが、一番の根本治療です。

日常生活のどこそこが原因で、負担のかかってる場所が悲鳴を上げて痛み、けがにつながっているのであれば、日常生活のどこそこを改善するのが根本原因にアプローチしたといえるのではないでしょうか?

○○療法をした瞬間、日常生活習慣まで変わるなら別です。

では、生活習慣について考えてみましょう。

変えるべき生活習慣①食事

フルオーガニックで自然派が・・・ということではなく、食べてる量や時間、とってる栄養素などを見直すとよいかと思います。

・特定の栄養素ばかり取りすぎていないか?

・睡眠何時間前に食事をしているか

・早食い・よく噛まないで食べていないか

あたりをチェックするとよいと思います。

炭水化物ばっかり食べていれば、

こうなります。

改善すべき生活習慣②睡眠

睡眠の改善も大事なポイントです。

・睡眠時間は何時間か

・昼寝はしているか

・寝る前にテレビ、携帯、パソコンの画面を見ていないか

というあたりを見直してみましょう。

改善すべき生活習慣③運動

運動をしているかどうか、また、その運動の質や量はどうか?というところを見直してみましょう。

・そもそも運動してない

・同じ姿勢での生活が多い

・姿勢が悪いといわれる、自分でも気にしている

・靴やズボンのすりヘリが早い、偏っている

などがチェックポイントになります。

この辺りざっと流し目で言ったのは、ここからが本題だからです。

予防=根本治療とすると、治療院にできることはなんだ?

予防の部分で治療院ができることってあるのでしょうか。

ありまくりです。

・睡眠の質が悪かったり眠れなかったりすれば、鍼が有効

・薬膳の知識も役に立つかもしれません。

・飲食に対する偏った知識(テレビ盲信や、フルオーガニック至上)の是非を説明したり

・運動のパフォ-マンスを上げるために体の状態を整えたり

・動きをつけてあげたり

・トレーニングやストレッチを提案したり実演したり

これって立派な医療です。

それをしっかりやるためには、医学知識であったり、東洋医学の造詣が必要だったりするので、整骨院はけがの治療だけが云々とか言ってないで、そこから患者さんと接するのが良いかと思います。

けがしないのが一番ですから

まとめ

根本治療があるとしたら予防

生活習慣の見直し、改善こそ至高

そこで治療とアドバイスこそ、医療者の根本治療

 

 

投稿者プロフィール

院長
院長けやきの森整骨院 代表
4F整骨院院長
柔道整復師歴10年ちょい(国家資格)
趣味:読書(宮城谷昌光、歴史小説全般)、スポーツ観戦(野球:見るのは20年来広島、見てる時だけ勝てば良い派、サッカー、他メジャースポーツは守備範囲)
ズボンをよく壊す
整骨院のちゃんとした利用と、皆様の役に立つ情報発信に努めます。
たまに雑記も書くよ